プロフィール

taito

  • Author:taito
  • 無事帰国し日本の大学生をしてます。
    忙しい毎日ですが、ゆっくり更新していきたいと思います☆
    よろしければ遊びに来てくれた記念にコメントを残していってください。
    いつもコメントくださる方ありがとうございます。
    本当に嬉しく思います。

    【メールはこちら】
    aiyama_taito@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MAÑANA(旧バレンシア留学日記)
タイトルのMAÑANAはスペイン語で「明日」という意味です。 明日は明日の風が吹く。臨機応変に頑張りたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイチーズ☆
今日何枚か写真撮ったのですが、その中から2枚だけ。
リーガ終盤にデビューしたルス。
まだ若干19歳ですが、これからの更なる飛躍に期待。
DSC03419.jpg


そして我が兄貴とのツーショット。
パテルナ最後のショットはやっぱり兄貴とですね。
来週バレンシアを去りますが、これからも友達いや兄弟ですね。
これからもよろしくです^^
DSC03420.jpg


スポンサーサイト
エスパニェータ祭り
DSC03415.jpg

どすこい!どすこい!
ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!

エスパニェータ祭りだよー。

バレンシア最後の練習。
もちろん日本に帰る前にエスパニェータに会える最後のチャンス。

↑の腹の出っぷりが素敵なおじさま。
初めて腹をタッチしてきましたが、すばらしいの一言。

感想

かたい!(笑)

脂肪がおかしくなってますね。
DSC03416.jpg

テレビ出演してました。
なんか熱く語ってましたよ。
DSC03417.jpg


最後にいっぱい話してきました。
彼からしたらただのバレンシア好きの日本人にしか映ってなかったんだろうけど、ぼくには特別な存在だった。
憎めないその顔。
愛嬌のある性格。

ふと、最後に写真撮ってて寂しくなりました。

彼が「いつ日本に帰るんだ?」
って聞いてきました。
ぼく「来月だよ」
というよ
エス「またバレンシアにくるだろ。そのとき会おうな」って。

日本に帰ってもあなたの健康を祈ってるからね。
これからも用具係りの鏡として頑張ってよ^^
DSC03405.jpg

エスパニェータの愛車
アントニオ・ロペス監督ありがとう
DSC03404.jpg

今日がアントニオ・ロペス最後の日となりました。
今まで写真撮ってなかったのですが、最後に一枚。

今年のバレンシアが辛い時期に監督を任され、ボロボロの状態から大変だったと思いますが、監督は精一杯やっていたと思います。
チームが引き分けても、負けても弱音を吐かず常に前を見続けるその姿勢にぼくはいつも惹かれていました。

今まで監督という立場をサッカーで意識して見たことがなかった。
今年のバレンシアには色々なことが起こった。
監督の重要さを痛感した一年。
人としてとても彼をぼくは尊敬してる。
バレンシアでの続投はないと決まっている。
今日最後に見せた彼の姿はどこかすっきりした感じがしていた。

来季どこかのチームの監督になってるかもしれない。
それがどこであろうとぼくは彼の率いるチームを応援したい。

一番好きな監督は誰?と聞かれたら
”アントニオ・ロペス”と答えるだろう。

お疲れ様でした。そして”ありがとう”。
リーガ最終戦対オサスナ
DSC03341.jpg

今日は今季最後の試合。
いつもならチケットを買っていくのだが、今日は試合前にダフ屋から安くいい席を買いたかった。
いったらすぐに一人のおじさんに声を掛けられた。
いつもは息子三人と来るのだそうだが、今日はこれなくてチケット(年間シート)が無駄になってしまうから一緒に見ようと声を掛けてくれた。
チケットの値段は10ユーロ。
正規の値段で一番安く席が上の階のやつで20ユーロからなので、そのおじさんの持ってた席の値段からすると3分の1以下の値段で譲ってくれたことになる。
すごく安上がり且いい席で見れることになりました。

いつもは試合の様子なんて全く写真に収めないのだが(というか安い席なので選手を撮る事ができない)、今日はたんまり撮ってきました。
もう、バレンシアCFのサッカーを生観戦するのが人生で最後になるかもしれなかったし。

珍しくアップしてるときから見てきました。
↑はみんなが大好きアイマール。
実は昨日一緒に写真撮ってきました。ちなみに練習場ではありません。
最後に撮りたかった選手みんなと撮ることができた。
(アジャラ・アイマール・パロップ・ルス・ミスタ)
特にアジャラとアイマールは今日の試合が終わったらすぐにアルゼンチン代表の招集でいなくなってしまうので、絶対に撮りたかった。

DSC03342.jpg

40歳現役のバレンシアの神カルボーニ。
途中交代したものの、年齢を感じさせないそのプレー。
最後に近くでみれて幸せでした。

DSC03345.jpg

試合前には子供たちがユニホームを着て出てきます。
みんなユニホームの色合わせるともっとかわいいのになぁ。

DSC03346.jpg

選手入場

DSC03347.jpg

どんなに離れていても見逃さないよ。エスパニェータ!!
君のそのお腹大好きだから。

DSC03351.jpg

ホイッスルが鳴る瞬間。
アイマールとミスタ

DSC03357.jpg

今日の席の周りはこんな感じでした。
ピッチから近くていい席だったなぁ。満足満足。

DSC03353.jpg

相手のFKになり、壁の位置をパロップに確認してるアイマール。

DSC03362.jpg


DSC03365.jpg

試合内容は特に面白いものではなく、ここ最近のパフォーマンス通りだった。
観客は退屈になると自分の周りにある紙という紙をかき集めて紙飛行機を作り始める。
試合中なのに、がんがんピッチへ投げ込むわけです。
コーナー付近は紙飛行機のやま。

今日の試合は色んな思いで観てきた。
サッカーは本当にスペイン来る前から好きだった。
ただ、生で試合を観戦したのって片手で数えるくらいしかなかった。
それがバレンシアに来てから何試合みただろう。
お金ない・お金ないといいながらサッカーだけにはお金を使った気がする。もちろん一番安い席でみてるんだけど。
合計20試合以上は観たかな。
「誰のプレーすごかったよね。」って言われたらそのときの試合の様子が鮮明に思い出されるくらい生観戦は記憶に残る。

今季のバレンシアについて。
ラニエリが解雇され、アントニオ・ロペス監督に変わるその様子をリアルタイムで見てきた。
ラニエリ監督は正直みんなに好かれていなかった。
アイマールはこういった。
「アントニオになってくれてぼくは本当に嬉しい」と。
試合でアイマールが頭で決めた得点シーンがある。
得点を入れたアイマールは喜びをある人のもとへ伝えるために走っていった。
喜ぶほかの選手が近づいてきても見向きもせずに。
その相手がアントニオ・ロペス監督。
監督の来季続投はもうない。
監督への感謝の気持ちを込めて彼は監督のもとへ指を向けながら走っていった。
そして、監督と抱き合い喜びをかみ締めていた。
今日の得点で監督へ感謝の気持ちを表したかったんだと思う。
そのシーンを生でみて目に涙が浮かんだ。
一年間バレンシアのことをみてきたからアイマールの気持ちがすごく伝わってきた。
内容はよくなかったけど、このシーンを見れてぼくは今日試合に行ってよかったと思う。

いつかまたバレンシアにきて、試合を観にきたいな。
そう、このメスタージャで。
バレンシアに栄光あれ。

AMUNT AMUNT VALENCIA
☆バレンシアダービー☆
DSC03290.jpg

今日はバレンシアダービーの折り返しです。
ちなみに、今日の試合の内容はたいしたことないよう。
(すいません、オヤジギャグで・・・)

お互いに勝ち点3が欲しかった試合なのに、見事に点も入らない試合。
DSC03291.jpg

やっぱりダービーは危険?
警察がウヨウヨしておりました。
ありえないくらいマッチョなお兄さんたちまでたくさん。
警察のお目当てはこの人たち。
DSC03296.jpg

「YOMUS」というバレンシア過激サポーターをしっかり抑えることです。
馬に乗って頑張っておりました。
でもね、馬糞の処理はしっかりしてほしいなり。
くちゃすぎです。

DSC03295.jpg

レバンテサポーターも頑張って応援しております。
一部残留掛けて必死に応援☆

DSC03292.jpg

怪我が心配されていたアイマール。
しっかりスタメンで出てました。

DSC03297.jpg

FKのシーン。
ビセンテはレバンテ出身ということもあり一際ブーイングを浴びせられてました。

本日の収穫はアイマールの素晴らしい技術を見れたこと。
彼はやばいです。
それはみなさん知ってると思いますが、今日のあれは。。。。

残り一試合最後まで勝利を目指し頑張ってもらいたいです。

A POR ELLOS! AMUNT VALENCIA!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。