プロフィール

taito

  • Author:taito
  • 無事帰国し日本の大学生をしてます。
    忙しい毎日ですが、ゆっくり更新していきたいと思います☆
    よろしければ遊びに来てくれた記念にコメントを残していってください。
    いつもコメントくださる方ありがとうございます。
    本当に嬉しく思います。

    【メールはこちら】
    aiyama_taito@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MAÑANA(旧バレンシア留学日記)
タイトルのMAÑANAはスペイン語で「明日」という意味です。 明日は明日の風が吹く。臨機応変に頑張りたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝った!勝った!
DSC02592.jpg

今日あった「対Betis戦」に見事勝利☆☆☆
ラニエリが解任になって初めての試合。
どうなるかなぁ~って心配してたんですが、
なんにもすることはなかったです。
強い!バレンシア☆
去年とまではいかないにしても、このまま今のチームでいけば相当いいとこまでいけます。
もう、優勝はバルサで決定したようなもの。
だから、2位狙いで。
この調子でサッカーをやっていけば絶対にいけます!

今日の試合本当に興奮しましたね。
あまりに興奮しすぎて勝った後、後ろに座ってた兄ちゃんと握手してましたから(笑)

今日は最近サッカーを勉強してる和子さんと一緒に観戦してきました。
和子さんも興奮してましたよ~。
あっ、旦那のダニちゃんなんですが、サッカー嫌いです。
今日はダニちゃんのお母さんの家に行って、要らなくなった家具運びの手伝いをしなきゃいけないということで、そっちに行きました。
普段はただでもサッカーは観に行きたくないほど嫌い。
でも、やたらに情報は知ってるんですよね。
不思議で面白いダニちゃん☆
昨日髪切ったらしく、和子さんに「なすびカット」とバカにされて少しご立腹。
ぼくが「ダニちゃん、かっこいいね」っていったら
「ほーら、taitoさんかっこいいって言ってくれるじゃん」って和子さんに自慢してました。
いつもいい夫婦だなって思います。

近々和子亭にいく予定が立ちました。
3月にぼくの誕生日があるのでそれをお祝いしてくれるって言ってくれました。
和子さん自身もファジャスのお仕事があるのでまともに作れるご飯になりそうって言ってました。
ここ毎日朝8時から爆竹と花火が上がってるんですが、どういうことでしょうか?!
うるさくて起きます。
こんなのが毎日続くとか・・・・
今から少し憂鬱・・・

でも、一年目は楽しいって聞いたのでたっぷり写真撮ってその様子をお届けしますね~☆
スポンサーサイト
久しぶりの快晴
DSC02587.jpg

いや~最近は雨続きでまいりました。
というのもぼくの自転車が機能しないですからね・・・。
泥除けもないですし。あはは

昨日までの4日間、毎日雨。
最近は雨が好きです。
なんか、落ち着く感じがします。
でもね、嫌なのが傘。
持ってるのも邪魔ですし、なにより使って5回もたってないのに壊れてますから・・・。
だって、安物なんだも~ん。
家の近くの「Hong Kong」ってお店で買ったんだも~ん。

それでですね、いつも思うことがある。
中国人って本当に働らく!
えらい!えらい!
日曜日とかやってるのすごいですよ。
何でも物は安いし。
ぼくの中では彼らが全部自分たちで物を作ってるのではないかと・・・
だからあの値段で出せるのではないかと・・・

今日はテーブルの台布巾を買ってきました。
100円以下ですから~。
裏にはしっかり「Made in china」の文字が。
それなら男らしく「Made in Hong Kong in Valencia」って書けばいいのにね。ぷぷ。

とにかくお世話になってるお店です。
今度写真とってアップします!

あっ、思い出したことが1つ。
このお店に「お客」として行ってるですが、
南米系のおやじがなぜがぼくをずっと呼んでるんですね。
それで、そのおやじのとこに行って
「どしたの?」って聞いたら
おやじは
「ねぇ、この脚立いくら?」って聞いてきました。
ぼく店員じゃないですから・・・・
かなすぃ。

玉木宏くん
DSC01084.jpg

この写真かなりプライベートなものなんですが、前にデジカメから消えたと思ってたんですよ。
でも、デジカメの容量がいっぱいになってきたので、そのファイルを全部PCの保存したらなぜが復活しました。
ファイルエラーってなってて消したはずなのになぁ~。
ラッキーって感じです。
かっこいいよね、玉木くん。
好きな俳優さんです、いい人ですし。
左で切れてるのが若き頃のぼく。約2年前くらいかなぁ~。

昨日は久しぶりにたかひろに会いました。
彼は先週ミラノまで遊びに行ったり、今週ずっと風邪で寝込んでたり、中々会えなかったので久しぶりの再会。
うちに遊びにきたんですが、またご飯を食べてきました(笑)
我が家に来て、ご飯食べてない日はない!と言ってたよ^^ぷぷ

久しぶりに会ったから出るわ出るわの話題。
まずは、お互いのスペイン語ってこの程度だよね!と、慰めあいから始まり、大学での様子、自分たちのこれからについてなど。

こうやって、何か色々話せるやつに会ったのは久しぶりだなぁ。
たかひろは今年ネブラスカ大学を卒業するので、そろそろはっきりしないといけない。
彼なりのやりたいことを聞いた。
本当にしっかりしたやつだなっと改めて感心。うんうん。

ぼくもやりたいことはほぼ決まってる。
でも、他の道もあるのかな。
なにも1つ選択肢だけに絞らなくてもいいのかな。
悩みは尽きない。

そんな話を永遠と朝方の4時近くまで話してました。
この先自分がどうなるか。
悲観的な考えでは何も始まらない。
今は前を向いて自分の出きることから頑張ろうっと。

今日はなんか真面目?でしたね。キゃーー。てれ。
気持ち悪い???
26388_101.gif

なんか、なんとなく載せたくなりました。
しかも動画です。
動画が載せれるようになってたのですね。知りませんでした。
FC2さん、相当頑張ってます。
この腰つきいいですよね。
離婚して吹っ切れましたって感じがぷんぷん。

沖縄便り
DSC02581.jpg

今日沖縄から素敵なものが届きました~!
すばらしいCDと心のこもった手紙。
まちゃありがとねー。でぇじうれしいさ。
みかさん・よしさんにもよろしくねん^^v

ぼくの友達は今247musicというレコード会社で働いてます。
そこの一押しがそう、この「首里フジコ」なのです。
*名前をクリックすると視聴できるから聞いてね☆
では、首里フジコについて軽く紹介しておきます。
沖縄県は首里に生まれ、ヤンバルに育つ。沖縄県立芸大絵画科に入学、その後も大学院やイギリス留学等の活動を行いながら様々なバンドやイベント、グラフィックワークを行ってきた。
現在もパフォーマンスダンスグループ女体体操のリーダーとして沖縄を拠点に活動中。
ぼくの友達はその彼女のCDの制作・レコーディング・営業のすべてに携わっているわけです。
フジコは沖縄の時間軸の中でブラジルや沖縄民謡・昭和歌謡を自分の世界観で歌っているアーティストなのです。

今日はこのCDをひたすら聞き続けてます。
いいですよ~。かっこいいですし。
お宝の1枚になりました^^v
素敵な友に恵まれぼくは最高です。
あぁ~沖縄に行きたい。でぇじ行きたいさぁ(笑)
カフェテリア
DSC02578.jpg

DSC02580.jpg

今日はフランス語が急遽休講になったので、みんなで大学のカフェテリアに行きました。
みんなからなんで写真撮ってるの?と言われながらも、なんとなくこの日記を読んでくれている方に紹介したくて・・・

そんなわけで、撮ってきました。
特にこれってことはないです。
何故かいつも満席。みんな授業行ってるの?!心配です・・・。
そうじゃなくても、休み多いんだからね。
よしよし、今週も半ばを過ぎた。
折り返し頑張るぞー!おー!
女性天皇
DSC02577.jpg

今日の朝、大学に行っていつものように無料の新聞を取ろうとしたらなんか見たことある顔が。
ん???って思って新聞を手に取ると、そうわれらが皇太子と雅子様、そして愛子ちゃんじゃないですか。
実はね、11時から授業だったのに、間違って10時に大学に行っちゃったの。
だから、1時間ほど暇してました。
こりゃ、じっくり新聞読むのには調度いいなと。

写真のしたの見出しにはこう書かれてます
「愛子は女性だが、皇位継承できるだろう」というもの。
もちろん、日本の話なので、スペインの新聞よりは日本の方が詳しく報道してますよね。
だから、内容は省きますよ~。
でもですね、気になったことがあったのでそこだけ殴り書きしておきます。
「愛子ちゃんって生まれてから8日間名前なかった」
「皇太子ってもう44歳」
「天皇は皇族の外で教育を受けた方だった」
「日本は世界でもっとも遅れて君主制の女性天皇が誕生するかも」
最後のやつが一番引っかかりました。
日本の天皇制は世襲制なわけですから、皇族の誰かということになりますよね。
1965年から一人も男の子が生まれていない状況なわけですから、女性天皇か?という話がでてもおかしくないですよね。
子供はコウノトリが運んくるっていいますからね。
これからの動きに期待したいと思います。
Campeona
20050222042751.jpg

これはスペイン代表の写真です。
といっても、フットサル。
先日台湾で行われたワールドカップで見事ブラジルを降し、世界一になったと思ったら、今度はヨーロッパカップでも優勝してしまいました。
はい、2冠を達成。
もう、最高に強いです。いや、最強というべきか。
周りからは、
「スペインの歴史上でもっともいいチーム」と言わしめるくらい。
スペインって球技が異常に強いんですよ。
この前はハンドボールも世界一になったばっかりです。
もちろん、サッカーも強いですし、水球・テニスなどなど。
とにかく丸いボールを使っ競技がすごいですね。
少しボールの形が変わるとダメ☆
だから、ラグビーとかアメフトとかそういうのは流行ってません。
なんともはっきりしている国。

MILLION DOLLAR BABY
20050221070100.jpg

昨日大学の友達と映画を観てきました。
この作品は去年アメリカで12月に地域限定で公開された以外は2005年に公開ということになってます。
日本でも公開されてるのかな?!

実際に出版されている「テン・カウント」という本を再現したものらしいです。
女性ボクサーのお話です。
内容は見たい方がいると思うので、控えておきますね。
もちろん、素敵な俳優さんの声だってスペイン語で吹きかえられてしまっているので聞けません(涙)
やっぱり字幕ってないんです。
日本の場合は必ず両方を公開しますよね。
どこかに探せばあるのかな・・・。

ぼく個人の感想としては、もう一回は見ないかな。
内容で先の展開がわかってしまったので。
血が苦手な人はきっと、具合が悪くなります。
そういうシーンが多いので。

映画を観ていつもおもうこと。
やっぱし、全然スペイン語を理解できないなってこと。
日本語のようにすらすら入ってくるわけじゃないので、
映画を観ている間ってすごく集中してるんです。
だから、観終わったらぐったりですから。

映画を観た後は、すぐにサッカー観戦(テレビで)
バルセロナ対マジョルカの試合があったんですが、とにかく日本人って感じでした。
どういうことかといいますと、中継しているのはもちろんスペインの会社です。
でも、どの席を映しても日本人が映るんですよ。
それに気づいてオーバーアクションする人もいますから。
ちなみに、全世界に放送されてます。あはは。
大久保の交代出場シーンになると何故か日本人女性のアップが。
カメラマンさんお気に入りの子だったのかな。
2~3回くらい映ってたし(笑)
結果はもちろんバルセロナの勝ち。
というか、マジョルカのボール支配率が27%
これって驚異的に低いですから。
初めてこんな数字みました。
一郎さん曰く、日本の高校生とJリーグが試合したってここまでの差は開かないよ!って。
マジョルカ頑張ってください。
ひそかに応援してるから!(大久保いるからね☆)
オヤジたちの会話
20050221065206.jpg

サッカーのスタジアムに行くとこんな様子がいつも見れます。
というか、スタジアム自体の高さがすごいでしょ。
三階席で観ているのでこれくらいの高さになります。
オヤジたちってなぜがみんな知り合い?ってくらい仲良く話ししてるんですよね。
でもきっと他人。気軽に仲良くなれるスペイン人って素敵だな。
今日の一曲
Quiero ser tu sueño

Si cada noche voy a hablarte a tu ventana,
esperando a que me des una contestación
y allí estamos hasta que el tiempo nos para,
la rutina en tu ventana siempre los dos.

Si hay mañanas que te llamo cuento al alba,
y de repente yo me meto en tu habitación,
y te miro mientras duermes a la cara,
esa cara que me rompe el corazón.

Por eso quiero ser la palabra,
que rompes con tu boca sin pensarla,
que sueñas cada noche y en la cama,
que tu saliva cuida sin tocarla,
quiero ser la poesía de tus labios,
quiero ser tu sueño.

Por eso quiero ser la palabra,
que rompes con tu boca sin pensarla,
que sueñas cada noche y en la cama,
que tu saliva cuida sin tocarla,
quiero ser la poesía de tus labios,
quiero ser tu sueño.

Si es tu ventana la que llora cuando faltas,
si eres la reina que quisiera mi soledad,
si eres el cuento que no quise que acabara,
si eres la estrella que no deja de brillar.

Por eso quiero ser la palabra,
que rompes con tu boca sin pensarla,
que sueñas cada noche y en la cama,
que tu saliva cuida sin tocarla,
quiero ser la poesía de tus labios,
quiero ser tu sueño.

Por eso quiero ser la palabra,
que rompes con tu boca sin pensarla,
que sueñas cada noche y en la cama,
que tu saliva cuida sin tocarla,
quiero ser la poesía de tus labios,
quiero ser tu sueño.

Por eso quiero ser la palabra,
que rompes con tu boca sin pensarla,
que sueñas cada noche y en la cama,
que tu saliva cuida sin tocarla,
quiero ser la poesía de tus labios,
quiero ser tu sueño.

Andy y Lucas

去年からよく耳にする曲です。
歌詞がなんとも切ない。(すいません。スペイン語ですが。)
一曲まるまる視聴できるサイト見つけたのできいてみてください。
歌ってるグループがカディス出身らしいです。
ちょっと、ブサイクですが、声は綺麗で好きです。
感想まってま~す^^
ここで聞いてね☆
Escucha su nuevo single "Quiero ser tu sueño"
↑これが書いてるとこの左のマークをクリックすると聞けます。
(Real Player必要です)
[READ MORE...]
そういえばこの前
20050218081418.jpg

そう、この写真を撮った日なんですが、すんごく暖かかったの。
ぼくの家は結構寒いんですね。
たしか、洗濯物を干そうとベランダ(洗濯干す場所)に出てたら、すごく気持ちが良かったので、そのまま散歩へ出かけました。
そう、休日はいつもこんな感じ。
それにしても、暑い。暑い。
まぁ、24~25度くらいはいってるんだろうなって思ってました。
でもね、次の日和子さんがぼくにこういいました。
「昨日暑かったよね~、知ってた?31度もいったんだよ~」
えっ?31度だったんですかぁ・・・。
そりゃみんな半袖なわけだ。

でも今日とか普通に寒い。
10度だって下回ってますもん。
この気温の落差が結構辛いんですよね。
風邪引かないように気をつけないと。うんうん。
夢の競演
20050217075955.jpg

昨日ぼくはバルセロナにいました。
えぇ、バレンシアじゃなくバルセロナに。名前少し似てるけど違うよ。
ってか、バルセロナの方が有名だもんね・・・

昨日はね、スマトラ沖地震チャリティーマッチがあったの。
その集まったメンバーをお金に換算した総額を聞いてビックリしないでください。
日本円にして約700億円。
一体世界ってどうなってるんでしょうね。
一応メンバーを軽く書いておきます。
きっと、みんな知ってるメンバーですから。
ロナウジーニョ・シェフチェンコ・ジダン・ベッカム・カカー・中田英・カフー・デルピエロ・ラウル・アンリ・コルドバ・・・・
もう挙げたらきりがないくらいの豪華メンバー。

しかもね、今回のこの試合のためだけにバルセロナまで。
朝9時のバスに乗って、試合が11時に終わって、夜中1時のバスに乗ってバレンシアに帰ってくるという強行日程。
一応大学がありますので、それに行くためにです。
初めて、バルセロナに行ってサグラダファミリアとかそういうガウディ建築のものを見ないで帰ってきました。
でも、それに匹敵する顔ぶれをみてきましたから。
20050217080027.jpg

やっぱし、日本人としては中田が気になりますよね。
ぼくのカメラの限界でしたが、一応最高にアップで撮ってきました。
一人だけ前のめりになってるのが中田です。
わかりにくくてごめんなさい。
20050217080009.jpg

あとですね、これは自慢になるかどうか微妙なんですが全選手の中で、来ていたお客さんにサインした人はきっと一人もいないと思います、ぼくを除いては。
試合が終わって各選手がバスに乗り込むときお客さん(ぼくも含め)はみんな必死になってサインをねだります。
中田なんて、一瞬の振り向きもみせず素通り。おいおい。
そんななかある選手だけ、しかもぼくの方を見るや否やサインをしてくれた選手がいました。
それは韓国代表の「チャドゥリ」。
20050217081725.jpg

こんなにアップですいません。でも実際はもっとかっこいいですから。
きっと彼はぼくを韓国人だと思ったはずです。
同郷の好とでもいいましょうか。やっぱりサッカーにも韓日ブームはきてますね(笑)

最後に名古屋グランパスでも指揮をとってたベンゲル監督です。
20050217081733.jpg


ある想い。
今日、ぼくの大好きなブログがなくなりました。

ブログって誰にでも簡単に始められますよね。

だって、このぼくにでさえこうやって当たり前のように記事を書いてるくらいですから。

去年の10月から始まったぼくのブログ。

きっかけは何気なくたどり着いた1つのブログ。

今も変わらずそうだが、当時も自分の気持ちに正直な女性。

そこのブログに遊びに行くようになり、自分もブログってできるかな?とかやってみよっかな?とか考えるようになった。

いつのまにか、そのブログに遊びにいくのが日課になってた。

そう、今日まで。

彼女は普段も忙しい。それはブログからもわかるから。

今回の決断。

それは彼女の事情があり、目標に向かって頑張っている姿があるからこその決断。

ぼくとしてはこれからもずっと応援していきたいし、なにか困ったことがあればすぐに助けにだって行きたい。

ネットって不思議な世界ですよね。

まだ会った事のない人とは文字を介してでしか、コミュニケーションはとれない。

それって当たり前のこと。でもね、それだけでも十分わかりあえることだってできる。

こういう手段でだって出会いは立派な出会い。

なんか、すごく淋しい。

でも、彼女とはこれからもずっと仲良くしたいって思う。

いつか実際に会って話ができれば、もっとわかりあえるかなぁ。


贈り物
20050217043447.jpg

今日ぼく宛にプレゼントが届きました。
そう、遠く豪雪にも負けず生活している、あのお方から。

巷で噂のりんごキャンディも一緒に入っておりましたわ☆\r
それにミルメークと都こんぶまで^^

スペイン人にこんぶを食べさせて、ビビらせてやろうと計画中。
こんなに素晴しいものを送っていただけるあたくしが幸せ者でござんす。
バレンタインパーティー
20050217041710.jpg

フランス語がなかったこの日、他のことがぼくにはありました。
そう、バレンタインパーティーin 松尾亭

今日はいつものメンバーに加え大阪からスポニチの記者さんが休暇を利用しスペインまで遊びにきてました。
宿は松尾亭によるホームスティ。
そう、松尾商会は様々なイベント・通訳などやっておりますので、バレンシアにお越しの際は是非ご利用くださいましぃ~。

はて、バレンタインといえば何を食べるのが普通ですか?
この日はメキシカンフェアと題して、和子さんお手製の豪華な料理を堪能してきました。
いつも本当にお世話になりっぱなしです。
でも、これからまだまだお世話になりますよ、和子さん!
油断してちゃダ・メ・よ^^

パーティーの最後には恒例?の写真撮影会。
前回の復讐でしょうか?
ダニちゃん、ぼくの首を絞めてましから。うぅぅ、苦しい・・・。
20050217041724.jpg


ちょっとそこまで
今さっき帰ってきました。(朝の6時)
コメントの返事まだ返せてなくてごめんなさい。。。。
とにかく、今は眠いのですぅ~。
ってことで起きたら外出の理由を書きますね。あはは。
凱旋門
20050215153511.jpg

バレンシアの町の比較的中心にある凱旋門。
ここはパリのように大きなものではないですが、存在感はあります。
ずっと撮ろう撮ろうと思っていて、昨日ついに実現。
大学の帰りにちらっと寄って撮ったの。

というかですね、大学は・・・・・
一応ありました。
ずっとなかった「Lengua espanola」の授業が。
でも、ずっとノエリアとアレハンドロと話してて聞いてなかったです(笑)
そして、次のフランス語。
そう、わがコルティホ先生の授業ですね。
先生が入ってくるやいなや、この一言。
「今日会議があるから、授業できないの。ごめんね。
でも、今日ってバレンタインじゃん。だからいいよね!」
あはは。そこを理由にしてしまう先生にも参りました。うぅぅ。
ってことで、10時に行って大学は11時過ぎに終わり。
はやっ。こんな生活もいいもんですよ^^
アンダルシア番外編
20050214065518.jpg

20050214065532.jpg

20050214065544.jpg

これを撮ってたときのぼくは一体何を考えてたのでしょうか?
しかも、それぞれ違う場所で「木」を撮ってました。

なんかね、この3本の木はどれも見ていて心が落ちつけたの。
どうしてかはわかんないけど。
こんなこと考えてたような気がする。
「この木も他の建築物の様に色んな歴史を見てきてるんだろうな」って。
だから、無意識のうちのシャッターを押してたのかも。
根っこがマジ太かった。
樹齢何年なんだろって。
こういった何気ない木も、町を鮮やかなものにしてるんだよね。

*すべて、セビージャで撮りました。
行かれた方は同じ木を探してみてね。(って無理だろ!・笑)
スペイン一の有名人?
スペイン人で彼を知らない人を探すのが難しいっていうくらい有名なのがこのおじさん。
そう、「マノーロおじさん」。
スペイン代表を心から愛すその姿は尊敬に値します。
スペイン代表のためならどこにでも行きます。
無敵です。だって、いつも半袖なんだもん。雪が降っててもね(笑)
20050213011231.jpg


誕生日
20050213011210.jpg

2月12日はノエリアの誕生日だったみたいです。
前日に誘われたときは一切そんな話してなかったのになぁ。

11日にノエリアから電話がありました。
「明日taito暇?日本食レストランに食べに行かない?」って。
もちろん、ぼくに予定なんてありません(笑)
即答、OKの返事。

11時半にバレンシアの北駅に待ち合わせの約束をした。
ノエリアに会うまで知らなかったのですが、他にも数人友達が来るとのこと。
ノエリアと11時半に会えたのはいいものの、他の人が来ない。
12時過ぎても。
しかも、ノエリアが携帯を家に忘れてきたからその人達と連絡がとれないのです。
だから、携帯を取りにぼくはノエリアと一緒に彼女の家まで電車で往復1時間掛けて携帯を取りに行ってきました。
いきなりのハプニングにやや疲れたが・・・。
結局、全員揃ったのが1時半くらい。これってどうなんでしょ?

日本食レストランの予定だったのに、
一人の友達が急に日本食は食べたくないと言い出し、中華へ変更。
これもどうなんでしょ?

その店を出たときに撮った写真が↑これ。
結構いいと思いません?!
左から順に紹介しますね。
ビクトル
トニー
ノエリア
ジョアン(オヤジが映画監督)
女の子(この子だけは初めて会いました)
アレハンドロ(自分はスペイン人ではなくカタルーニャ人であると言っています)。
でもバスクが大好き(笑)

ぼくと大学でいつも一緒にいるのが、ノエリアとアレハンドロ。
アレハンドロはこの日、車の卒業試験で落ちたらしいです(爆)
ほんのり凹んでましたから。
ちなみに、みんなぼくより4つしたです。あはは。
心配お掛けしました。
色々考えた末、考えがすっきりしたのでまた再開します。
(あんた長いかもっていったじゃん!みたいな突っ込みはなしの方向で・笑)

考えてるときに、心に響いた言葉。
「迷いながら間違いながらあるべきその姿が正しいんだ」
少し期間をあけます
少し自分で考える時間を作りたいと思います。
いつまでかはわかりません。
気分的には大切な友を失ったような感じ。

いつも遊びに来てくれてた方にはもうしわけないです。
でも、少しだけ待ってください。

アンダルシア番外編
mayoさんのご要望に応えて遂にそのベールを脱ぐときが来ました。
はい、ライオン君です。
20050209174856.jpg


実はですね、これ博物館で撮った写真なんですが、撮影禁止でした。
でも、監視員のおじちゃんに
「このライオンだけ写真撮ってもいい?」って聞いたら。
「ここは博物館なんだけどなぁ~・・まぁいいか。撮っちゃえ!」となんとも親切なことを言ってくれたので、お言葉に甘えて撮ってきました。
お誕生日&さよならパーティー
20050209155718.jpg

昨日の記事で意味がわからなかった方、正解はこういうことです。
↑の写真は手巻き寿司のねた。
そう、今月は和子さんとダニちゃんの誕生日があるのです。
ちなみに、和子さんは23日。ダニちゃんは20日。
そんでもって、誰のお別れ会かと言いますと、一郎さんの彼女であるみささん。
最初は2ヶ月の予定でしたが、スペインの居心地の良さに1ヶ月滞在を延長して今日(こんにち)まで至りました。
我が家も淋しくなりますが、出会いに別れはつきものです。

そのディナーというのが手巻き寿司だったのです。
昨日の写真の妄想男性はぼくだったわけですね。
時代を超えて自慢してしまったわけです(笑)

はっきり申しますと、寿司最高☆
大トロまで出てきましたから・・・。言うことなし!!
サッポロ黒ラベルもいただきました。
あっはっは。すごい日本生活してるでしょ^^

水野真紀さんの中学高校の写真を見たり、和子さんが「Ray」のキャンパス特集で雑誌に載ったものを見たりと、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

最後に和子さん・ダニちゃんと3人で記念撮影。
20050209155730.jpg

思わずかじってしまいましたダニちゃんを(笑)
いい写真でしょ。和子さんも綺麗だし、ダニちゃんは妙に小顔だし、ぼくはアホですから(爆)
アンダルシア番外編
20050208195811.jpg

三人の会話。
手前右「お前のとこ子供大きくなったかぁ?」
奥「うん、歩けるようになったよ。やっとね。」
手前左「今日のうちのご飯は寿司だぜ!」(一人だけ無関係の妄想男性ですね。)
ひたすら更新。
帰ってきた翌日はひたすら更新。
これはみんなにスペインの良さをしってもらいたいという一身で頑張りました。
少しは伝わりましたかぁ?
自分としても、しっかり日記として残りますので時間が掛かってもやりたかったのです。
結局一回も家を出ることなくひたすら引きこもりの生活に。
写真もたくさん撮ったからそれの整理もしていたし。
まぁ、しょうがいないです(笑)
20050208195449.jpg

アルハンブラにいた日本人の年配方の団体。
おじいちゃんたちが「ここで日向ぼっこしたいなぁ~」って言うと、
日本語ペラペラのスペイン人ガイドさんが「”ぼっこ”ってどういう意味ですか?」って聞き返してて、おじいちゃんが返答に困ってる姿が面白かった^^

旅五日目(セビージャ)
旅最終日です。
本日の予定。
①ほとんどの見所を行ってしまったので、またカテドラルに行く。
②二回目の美術館に行く
③マカレナ教会に行く。

フライトの時間は夕方5時10分。
よし、最後のセビージャを満喫じゃい。

朝起きてすぐに向かった場所、それはマカレナ教会。
マリア信仰の厚いスペインで、特にセビージャ市民に敬愛されているのが、この教会に安置されている希望の聖母ラ・エスペランサ。
セマナ・サンタ(聖週間)では、御神輿に担がれる聖母像をひとめ見ようと信者たちが押し寄せるとか。
涙目の聖母の姿がなんとも美しかった!
20050208192234.jpg

20050208192245.jpg

金ぴかで豪華きわまりかなったです。

教会を後にして、向かったのが美術館。
前日の夜も行ってるんですが、もう一回ある絵を見たくなって行っていました。
学割はただになります。すばらしいことですね。
建築物も好きなんですが、やっぱり絵も好きです。
見ていて感心してます。当たり前なんですが、「いや~、うまいなぁ~」とか(笑)
ここの美術館はおもにセビージャ派の画家たちの絵画が集められてます。
なかでも、ムリーリョのコレクションは世界一と言われてます。
ぼくが見たかった絵がムリーリョの「無原罪の御宿り」。
これは同じタイトルがプラド美術館に展示されてます。
両方とも同じくらい高評価を受けているムリーリョの最高傑作。
彼の描く子供の表情がやさしく、そしてかわいい。
実際に本物を見て、他の画家の描く子供の顔と比べればその違いがはっきりわかると思います。
この美術館にきて、ムリーリョという画家がさらに好きなりました。
20050208192218.jpg


そして、最後に行ったのが、これで見納めという感じでカテドラル。
やっぱり、何回行ってもいいですね。
最後にファサードの写真を撮り別れを告げてきました(笑)

20050208192308.jpg


これで、セビージャは満喫したと思い、気持ちよく空港に向かおうとしたときにセビージャの罠にかかってしまったのだ。
さきにも書いたがフライトの時間が大体5時。
3時には余裕をもって街中を出ようと計画していた。
そして、空港バスの乗り場へ行ってみるとおかしなことに気づく。
「あれっ!?バスがない。」ガーーーーーーン。
正確にはないではなく時間が合わないということ。
でもね、おかしいんですよ、時刻表が。
11時・12時・1時・2時・5時。ってなってるの。
なんで急に3時間も開くわけ????????????????
最初にチェックしなかったぼくが悪いと言えばたしかに悪いです。
でも、3時間ないなんて思わないでしょ!だって空港バスですよ。
しかもフライトの時間は普通だし。
インフォメーションに行って思いっきり愚痴をこぼしてきました。
「なんで、3時間も開くのよ?おかしいじゃん」って。
でも、そこの人はこうやって言ってました。
「今日土曜日だよね?(他の職員に聞いてました、そしたら、”うん”との返事)じゃあそうだわぁ。あたしもよくわかんないわ(笑)」
あの~、笑ってる場合じゃないんですよ~。
残された手段はタクシーのみ。ちなみに料金は20ユーロ。
何故か土日は料金が上がるとか。
バスの値段が2.30ユーロ。この差ってでかいでしょ?!
しかも手持ちは5ユーロ。
お金おろす気がなかったのに、シティバンクに行く羽目に。。。
最後の最後でセビージャの罠にはまり、しっかり落ちを作ってきた旅でした。
☆チャンチャン☆
旅四日目(セビージャ)その②
20050208190416.jpg

セビージャで見た最後の夕焼け。

夜はLos Gallos(ロス・ガジョス)というタブラオ(フラメンコのショーをするお店)に見に行った。
このお店はセビージャで一番の老舗。
宿のある、サンタクルス街にあるこじんまりとしたお店。
ちょっと場所がわかりにくくて探しましたが、何とか見つけれて良かった。
ショーの時間は夜8時半と10時半からの2回。
遅い時間の方がいい踊り手さんが出てきます。
それと、踊る順番もそうです。
だから、最後までしっかり見てくださいね!
でも、このお店は最初に出てきた人もけっこううまかったですよ。
しかも、女の人必見!男前のお兄さんも踊り手で出てきます。
やっぱり、迫力が違いますね。タップの音も全然違います。
舞台やテレビなど、第一線で活躍するスターも出演しているみたいです。
ぼくは誰がわからなかったですが、きっと後半に出てきた人達だと思います。
あきらかにうまかったですから。
日本のガイドブックには絶対に出ているタブラオなので、行かれる際は予約して行ってくださいね☆

ではでは、フラメンコの様子の写真を何枚か載せておきます。
20050208190327.jpg

20050208190358.jpg

20050208190339.jpg


旅四日目(セビージャ)その①
いよいよ旅も大詰め。
最後の観光場所Sevillaです。
朝、デイビットに別れを告げ、またの再会の約束をした。
彼がいたことでどれだけ今回の旅が楽しかったことか。
本当に感謝。
Me alegro mucho que hayamos encontrado en el viaje.

10時発のバスに乗り、グラナダからセビージャに向かった。
距離にして250Km。結構な時間かかるのかぁ~なんて思ってたんだけど、そうでもなかった。
というか、バスの兄ちゃん飛ばしすぎだと思われます。
時間にして2時間半。計算すると、時速100Km。
あまりの早さに、思わず一人で笑ってましたが・・・。

着いたのはいいものの、宿がない。
探そうと町をぷらぷら歩く。予算的には出せても18ユーロまで。
さっそく1軒目。どんぴしゃでした。
15ユーロ。即決定。
探してわずが10分。しかも町の中心にある。
いやー、われながらついてるなと思いましたよ。
荷物を置いて、向かったのはそう、カテドラル。
もう理由はいいません。みんな知ってるよね(笑)
セビージャのカテドラルはスペイン最大、またヨーロッパの聖堂としてはローマのサン・ピエトロ寺院、ロンドンのセント・ポール寺院に次ぐ規模。
奥行116m、幅76m。カテドラル内にはギネスに載りました!っていう鑑定書?みたいなのも飾ってましたよ。

そのカテドラルは「後世の人々が我々を正気の沙汰ではないと思うほどの巨大な聖堂を建てよう!」ということから、1401年モスクの跡地に建設を開始。
要は、とにかくでっかいの造ろうぜぃ!ってことです。
なので、本当にでかい(笑)
20050207213057.jpg

20050207213146.jpg

このカテドラルは見所がいっぱい。
聖霊の降臨を表すステンドグラス、アルフォンソ5世の墓がある王室礼拝堂、15世紀の聖歌隊席、内陣の聖書の場面が彫刻された黄金色の木製祭壇などなど。
20050207213729.jpg

さらにはコロンブスの墓までありますよ。
絵画でいいますと、ムリーリョやゴヤ、スルバラン。
あと忘れちゃいけないのが、町のどこからでも見ることができるヒラルダの塔。
これはセビージャの象徴であり、高さ97.5mの塔。写真でどーんと出てる塔がそうですね。
12世紀末にイスラム教徒アルモアド族の手によって建設された。
高さ70mの展望台からは都市が一望できます。
20050207213329.jpg


もう1つセビージャの大きな見所としてはアルカサル。
イスラム教時代の城を、レコンキスタ後にキリスト教徒の王たちは改築。なかでも、1350年に即位したペドロ1世はスペイン各地からイスラム職人を呼び寄せ、グラナダのアルハンブラ宮殿を彷彿させる宮殿を造らせた。
20050207213243.jpg

内部にはコロンブスが乗った船の模型なんかもあったりして面白かった。
20050207213313.jpg

なによりいいのが、学生は無料。
セビージャは結構そういう場所があったように感じるなぁ。
カテドラルとアルカサルはほとんど隣同士にあるんですが、
その間に少し広場があるんですね。そこもお気に入り。
20050207213254.jpg


セビージャはコロンブスとの関わりが非常に大きい都市。
だからコロンブスに関してのモニュメントやども多い。
20050207213110.jpg

その名も「コロンブスのモニュメント」ぷぷ。ださい名前。
今は閉館していて入れなかったのだが、アルカサルの隣にはインディアス古文書館があり、コロンブスの新大陸発見や征服当時の貴重な資料が保管されてます。
見たかったのになぁ。。。
しかも、資料とか直筆らしい。う~ん、残念。

18世紀に建てられた旧タバコ工場は、今セビージャ大学の法学部になってます。
メリメ作の「カルメン」の舞台となった場所として有名☆
20050207220231.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。