プロフィール

taito

  • Author:taito
  • 無事帰国し日本の大学生をしてます。
    忙しい毎日ですが、ゆっくり更新していきたいと思います☆
    よろしければ遊びに来てくれた記念にコメントを残していってください。
    いつもコメントくださる方ありがとうございます。
    本当に嬉しく思います。

    【メールはこちら】
    aiyama_taito@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MAÑANA(旧バレンシア留学日記)
タイトルのMAÑANAはスペイン語で「明日」という意味です。 明日は明日の風が吹く。臨機応変に頑張りたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅4日目(メクネス)午後
DSC02983.jpg

よっしゃー、いってまうぞー!
ってとこで、われらが向かうは「VOLUBILIS(ヴォルビリス)」。

メクネス市内のめちゃめちゃローカルバスに揺られること40分。
Moulay Idrissという町の近くまできて、途中で降ろしてもらう。
間違いない方法としては、メクネス市内からタクシーなのですが、なんせ貧乏旅行なもんでしょうがないとき以外はタクシーなんて乗れません。
Moulay Idrissから約5キロ離れたとこにこの場所はあります。
ローマ遺跡が残っていて、世界遺産(大好きこの言葉♪)にもしっかり指定されています。
おそらく、モロッコで一番重要な世界遺産であると思います。

VOLUBILISへ向かう途中、遂に見つけたかわいいロバ。
がんがん飯喰ってます。
DSC02987.jpg

あぁ~かわいいね~なんて言っていたのはいいのですが、
なかなかの道のり。
DSC02991.jpg

DSC02984.jpg

前日風呂に入ってないわれやはいかがな臭いを発していたのでしょうか?
↑の2枚目の写真を見てください。この貧乏そうな姿を。
そりゃ、後半になればいくらモロッコ人だってこの姿を見たら声を掛けにくくなりますよね(笑)あはは~。

着いた場所はこんな場所。
ローマ時代の遺跡が残るというだけあって、かなりの迫力。
しかも以前はここ一体が町だったんですね。
すごく広かったなぁ。
DSC03009.jpg

たかひろちゃん、かっこよく決めてます☆
DSC03003.jpg

DSC03007.jpg

生まれて初めて見ちゃったよ。
これなんの鳥かわかります??????
実は
「コウノトリ」なんです。
きっと、存在しないと思ってた人もいると思うんですよね。
日本のトキよりも絶滅の危機にあります。
レッドカードもんに貴重な鳥☆
DSC03010.jpg

DSC03012.jpg

DSC03015.jpg

DSC03017.jpg

とにかくでかいとこでした。

最後に一枚。
「男は背中で語れ!」ってことで。
DSC00954.jpg


この日の宿に選んだのは、少し高級な場所。
前日のうっぷん晴らしとでもいうのでしょうか?
悔しかったので、倍以上のホテルに泊まることに。
っていっても一人2000円もいってないですが・・・
(なんと朝食込み☆キラーン☆)
その名も「Hotel Majestic」
DSC03021.jpg

中庭?っていうのかな。すごくかわいいとこでした。
しかも、お湯が使い放題☆感動の嵐でした~~~~^^v
スポンサーサイト
旅4日目(メクネス)午前中
DSC02961.jpg

はい、旅も4日目を迎えました。
昨日の寝心地の悪さが全開に残る朝、われらが向かったのは↑。
名前はよくわかんないです(笑)
スペイン語のガイドブックには「Mausoleo de Moulay Ismail」と書いてありますが・・・。きっとこれはフランス語。

そこで有名なものといえば「Bab er Rih」(風の道)ですね
DSC02972.jpg

はい、普通の道でした。

この旅でぼく一番のお気に入りショットを載せま~す。
DSC02969.jpg

このたかひろちゃん、かっこいいでしょ。
われながらナイスショットであると思われます。

すっかり現地住民にまぎれてるぼくの写真をどうぞ。
はて、わたしはどこでしょう?
DSC00935.jpg

(リュック背負ってなければ100%わかんないっす)

ってことで、こんなショットはお好き?
DSC00943.jpg

ちなみにぼくから見える目線はこういう感じ。
DSC02979.jpg


こんな感じで午前中はあっという間に過ぎていったのです。

旅3日目(タンジェ~メクネス)
いよいよ旅3日目です。
朝起きてからメクネスまでのバスの時間まで時間があったので
すこしタンジェの町をふらふら歩いてました。
DSC02934.jpg

ここはメディナの入り口☆
この下を降りると胡散臭い雰囲気がぐっと高まります(笑)
実は今回の旅でモロッコの民族衣装?っていうのかな「ジェラバ」という服を買いました。
今は載せませんが、後々の写真で出てくるのでお楽しみにしててくださいね~☆
当初バスの乗る時間は午後1時。
それまで少し時間あったので、近くにあるバルでミントティーを飲むことに。
そこで、くつろいでいたところお店の外に「地球の歩き方モロッコ編」を手に持つ日本人の姿が目に入った。
ぼくらのガイドブックはスペインで買ったものだったのですが、
全然写真が載ってなく、しかもスペイン語ということもあって理解するのが結構大変だった。
そこで厚かましいとは思いながら、その本を少し見せてもらおう!ってことで、たかひろちゃんが突撃☆
急なお願いにも快く応えてくださったのは、中国からお越しの福井さん夫妻でした。
ぱっとみたところまだ30歳くらいかな?って感じがしました。
中国での仕事をお辞めになられ、二人で旅行に来ていらっしゃったようです。
モロッコは3週間滞在していたとのこと。
もう、この国にはいたくない!ってことで最後の滞在をタンジェにして、ふらふら歩いていたところ僕らに捕まりました(爆)
この後の旅行はエジプト1ヶ月・タイ1ヶ月だそうです。
お互いまさか、モロッコで日本人に会うとは思っていなかったので、話に花が咲くころテレビでは「ジャパン!ジャパン!」の声が流れている。
あれれ?と思いながらテレビを見ると、その日は「日本対バーレーン戦」でした。
何気にバスの時間も迫っていたのですが、急遽試合観戦のため2時間遅らせることに。
本当に気ままな旅行だこと・・・。
福井さん夫妻には本当によくしていただき、帰りにはしっかりメールアドレスもいただいてきました。
お二人が日本についた頃にメールでもさせていただこうかな。
旅の出会いっていいですね。
DSC02957.jpg

DSC02956.jpg

バスの時間を変更したもんだから、さらに時間が余ってしまった。
やっぱりここは海しかないね!という意味のわからない発想で向かうは大西洋☆
バレンシアの海とはやっぱりどこか違うんですよね~。
なんていうんだろ。空気の感じかな。海の匂いも違うように感じました。
思っていた以上に綺麗な海にぼくとたかひろもうっとり(笑)
DSC03020.jpg

バスで向かうはメクネス。
15時出発で到着は20時半。
結構な時間が掛かりました。
何よりもすごかったのが、そのバスを運転していたおっちゃん。
まともに整備されてない道を鬼の様に飛ばしてたのですが、
前にいた車ほぼ全部抜いてました。おそらくその台数は20台を有に超えていたのではないでしょうか・・・。
しかも常に時速100キロ以上だったような・・・。

まぁ、今こうしてぼくらは生きてるのだから問題なし!
着いた時間も遅かったので、ひとまず宿探し。
そこで見つけたのが↑これ。
その名も「Regina Hotel」
二人で90ディラハム(一人約600円也)
このホテルぼくらの期待を裏切らなかったです。
というか、ぼくのベッドだけ異様に臭かった。
シーツと枕カバーの臭いがはんぱない。
ありえない!寝れない!息吸えない!
もう、生き地獄とはこのことですわ。
こんな場所でお風呂に入ったら綺麗な体がまた臭くなるってことで、この日のお風呂は断念。
たかひろのベッドが普通だったのですが、ぼくのだけ酷かった。
しかも毛布にはダニがいっぱいいたし・・・・
オーマイガー

メクネスお越しの際はこのホテルに気をつけてね。
この黄色い看板は入っちゃだめよ^^
旅2日目(アルへシラス~タンジェ)
アルへシラスではホテルゴンサレスに宿泊。
間違いなくここのオーナーの名前はゴンサレスですよね(爆)
ホテルを後にし、向かうはモロッコの港町タンジェ。
DSC02919.jpg

この船に乗りいざ出発!
DSC02924.jpg

船の上で入国手続きなんかを軽く済ませちゃいます。
モロッコ人っていうのはどこの国に行くにもビザが必要らしいです。悪いことするからかな??どうなんだろ~。
いかにも船上にはモロッコへ行きます!といわんばかりに旗が風に揺れていました。ついにモロッコかぁ。
以外にさくっと来てしまったわ(笑)
船に揺られること2時間半。
でも、距離は15キロっていうんだからどれだけゆっくり走ってのかしら・・・。
ちなみにぼくらが乗ったのは安いフェリー。
1時間半で着く高速フェリーもありますので、そちらをお薦めしま~す!値段も少し高いだけです。
DSC02929.jpg

船を降りるとそこから見えるのはいかにも怪しい景色。
だって、文字がアラビア語なんだもん。
ここまで推測もなにもつかないと吹っ切れますけどね。
たしか、韓国に行ったときもこんな感覚を味わったような・・・。
DSC02932.jpg

モロッコといえばイスラム教!
やっぱり行くしかないでしょ、メスキータヘ☆
ってことで、着いてすぐにメスキータへ向かった。
スペイン語のガイドブックには「gran mezquita」って書いてあったんですが、そんなに大きくないような気がしたなぁ。
DSC02941.jpg

ここは「Mezquita Muhama V」という場所。
街で一番目立つ建物だったので、すぐにわかった。
この場所に行く途中、小中学生の通学路をたまたま通ったのですが、日本人がめずらしいのかやたらにみんな振り向く。
100人いたら100人が指をさしてこっちを見てくる。
「あれ?おれらってこんなに有名人だったけ?」なんて馬鹿な会話をたかひろとしながら、恐ろしくたくさんの視線を浴びてきました。
DSC02943.jpg

ふらふら歩いて撮った一枚。
DSC02955.jpg

名前はよくわからないのですが、綺麗な場所でした。
ここから大西洋を眺め、モロッコにいることを再認識。
やっぱり、地中海とは少し違うな!って感じた。
なんていうんだろ、空気の感じかな?!でも明らかに違いましたね。
散々歩き回ったあと、宿泊場所に選んだホテルの名は「Gibrartal」(笑)
昨日そこ行ったよ!と突っ込みを入れたくなるほどの名前でした。
悲しいことに、そこの向かい側にはタンジェで一番高いホテルがあり、ぼくらが泊まった宿はタンジェで一番安いとこ(涙)
えぇ、貧乏旅行と題しての旅ですからそれでいいのです。
宿でくつろいでいるときにたかひろが何か怪しい動きをしてました。
何してるのかな?と思ったら、水のペットボトルをしきりに撮ってるんですよ。
結局は「うまく撮れない!」とか言ってあきらめてましたが、ぼくは綺麗に撮れたので載せておきます☆
DSC02948.jpg

こんな文字書かれたら何の名前だっていいです。
理解不能ですから~。

Gibrartal
DSC02899.jpg

いきなり計画が崩れたので、急遽予定を変更。
アルへシラスには昼の2時半に到着。
約12時間のバス。なげ~~よ~~~。

このままモロッコに直行してもよかったのですが、
せっかく近くにイギリスがあるんだから、行っちゃおう!ってことで向かうはスペイン・イベリア半島にある唯一のイギリス領「ジブラルタル」へ。
アルへシラスからバスで約40分。
値段も片道1.6ユーロとかなり安い。
イギリス領だから検査が厳しいかなと思いきや、やはりスペインにあるイギリス領だからかゆるゆるでございます。
これなら危険物もいっぱい持ち込めるね^^(爆)
DSC02902.jpg

イギリス領だから街にある標識から何からすべてイギリス英語。
標識を良く見ると「center」が「centre」になってるでしょ!
これもイギリス流なわけです。
DSC02903.jpg

こんな感じの電話ボックスもみたことあるよね~~。
一人で「おお~、イギリスじゃ~ん」って盛り上がってました。
ちなみに、一緒に旅行に行ったたかひろは、高校2年から卒業までイギリスにいたので、いたって普通に「いや~似てるな~」などと感心してました。
DSC02908.jpg

こうなったらひたすら歩くしかないべ!(意味不明)ってことで、ジブラルタルの一番端にある「EUROPA POINT」へ行くことに
DSC02912.jpg

そこからは遠くにアフリカを見ることができます。
DSC02913.jpg

たかひろちゃんも興奮しちゃってジャンプしてますからね(爆)

やっぱりイギリス領だけあって通貨がポンド。
すこしばかり物価が高かったなぁ。
結局食べたのは「フィッシュ&チップス」
「いまいちだな~~」っていうのが正直な感想。
たかひろには
「イギリスにはもっとうまいのがありますから、それを食べにいってください!」っていわれちゃいました。
ってことで、一度は本場の味を堪能してみたいですなぁ。
ちなみにここもイギリスだったんですけどね・・・・あはは。

もう予約がいっぱいであんたら乗れないよ!
さてさて、これからモロッコの旅について書いていきますよ~☆

当初の計画
27日夜10時15分発の夜行バスに乗ってセビージャへ
28日朝セビージャに着き、カディスやヘレスなどを周りその日にモロッコ行きの港があるアルへシラスへ。そこで一泊。
それが無理なら大人しくカディスに一泊。

実際の行動
27日の夜行バスは予約でいっぱい。乗れない。
いきなり計画崩壊(爆)
あきらめて家に帰ろうとしたところ、アルへシラス直行バスを発見。それは夜中の2時半出発。
しょうがないのでそのチケットを購入。
今回の旅が波乱になることをここで告げられる(ぷぷ)

夏時間
今日の朝方からいきなり夏時間になったみたい。
油断してました。

朝起きて、時計をみたら「10時」
PCの時計をみたら「11時」

進んでるじゃ~ん!!!

少し焦りました。時間損した感じがします。
まぁ、前は夜中の3時から急に2時なるという時が戻る現象を体験したので、プラマイゼロですが・・・。

はて、みなさまにお知らせがあります。

今日の夜10時15分の夜行バスにて胡散臭い場所へ行ってまいります。
帰りは4月の2日か3日になるものかと思われます。
それまでまったく更新できなくなります。
みなさま、見捨てないで下さいね(爆)

では、いってきま~す☆

いい女になるんだぞ!
DSC02895.jpg

今日パリから来ていた友達が帰りました。
彼女とは東京のバイトで2年間一緒に働いた仲間。
服の勉強をするため、高校を出てからパリに来ている。
そろそろ一年経つころだろうか。
急遽日本への帰国が決まった。
当初は無期限でパリにいるつもりだったが、色々悩むこともあり帰国にいたることになった。
スペインとはお隣同士の国なのに一度も遊びにこなかったとのこと。
だから、通訳兼ガイドとして役に立つ?ぼくがいるバレンシアに遊びにきた。

こいつは、とにかくおれ同様に飲む。
まぁ、それも彼女のいいところでもある(爆)
さっき、無事パリに着いたという連絡があり一安心。

あっ、写真の右に写ってるのはブログに何回も名前が出てきていながらもなかなか写真を撮らせなかったたかひろです。
今日は一緒に遙香を送りに空港まで行ってくれました。

たかひろとは何かとよく話をする。
かなり気があうやつです。
こうみえても繊細な性格のぼくですから(殴)、
なかなか気が合うやつは難しいのですよ。

そんなわけでいつも彼をお世話してます(笑)

これからもちょくちょく登場すると思うので、
みなさん、名前を暗記してください!ぷぷ。
危ない方々
天気が良かったので、公園をぶらぶら歩いているとあやしい人たちを発見。
おそらく、通りがかりの人全員は見てましたね。
子供は親に
「ねね?この人たち何してるの?」って質問してました。
んでもって、何をやっていたかといいますと
それは「カポエラ」
DSC02889.jpg

DSC02891.jpg

かなりくねくね動いてましたね(笑)

でも、そんな「カポエラ集団」よりも注目を集めていた人がいた。
みんなあまりのおかしさにカメラを向ける始末。
えぇ、もちろんぼくも撮ってきましたよ。
日本にいたら間違いなく警察が出てきて彼を捕まえますね。
でも、ここはスペイン。
ぎりぎりセーフ☆
DSC02892.jpg

これは一枚目
ローラーブレードを履いて滑ってるまでは、いっぱいいます。
でも、この格好。
そして、このハゲッぷり。困ったものです。
何よりも困るのが、異常に筋肉質な体してるんですよ。
目にも痛いです。
まぁ、こんな人でも普通に滑ってる分には問題ないかなと思われます。
でも、彼は違った。
アイススケートの選手になりたかったのか?
それともただの趣味なのか?
まったくわからないけど、一人でテンション上げて「回転」や「ジャンプ」をしてた。周りで見てる人は失笑。
DSC02893.jpg

気がつくといつの間にかTシャツを着替えてた(爆)

バレンシアは違った意味で危ない街かもしれません(笑)

Alicante
DSC02858.jpg

昨日バレンシアの南に位置するアリカンテまで遊びに行ってきました。
天気が良かったので太陽をいっぱい浴びて参りました。

アリカンテ地方からムルシア地方にかけての地中海沿岸は、コスタ・ブランカ(白い海岸)と呼ばれている。
バカンスを過ごすリゾート地として有名な場所ですね。
ここはかつてギリシア人が「白い砦」、ローマ人が「光の都」と呼んだアリカンテはコスタ・ブランカの中心地でもある。

着いてすぐに町にあるツーリストに行って地図を貰ったのですが、本当に海以外は何もないって感じの場所。
地図を見ると今いる場所から中央市場までが近いということが判明。
市場好きのぼくとしては行かないわけにはいかない。
んでもって、行ってきたのがここ。
DSC02857.jpg

以外に大きい建物でびっくり。
歩いてて肉屋しかないなぁ~って思っていたら
建物はこんな構造になってました。
DSC02856.jpg

なんと、地下に他のお店が入ってるんですよ!
地中海沿岸ということもあり、魚介類が豊富☆

近くのバルで休憩して、いよいよ目的の海へ。
DSC02859.jpg

DSC02864.jpg

DSC02867.jpg

海が思ったよりも綺麗でびっくりした。
バレンシアはもう少し汚いんだよなぁ。
この日は祝日だったためかたくさんの人がビーチに溢れてた。
でも、海は少し冷たくて、足をつけるくらいが涼しくて気持ちいい☆

アリカンテの小高い丘にはサンタ・バルバラ城がある。
その昔にカルタゴ人が築いたといわれ、現在も残っている建物は16世紀から17世紀にかけて造られたもの。
アリカンテの町と港が一望でき、青い海と白い砂浜のコントラストがたまらない感じでしたよ^^
DSC02868.jpg

これは港で~す。
DSC02885.jpg

歴史を感じるものを発見。
ここから襲ってきた敵を狙っていたのですね。ドゴーン☆
DSC02880.jpg

綺麗な景色にうっとり。
太陽と青い海の組み合わせは最強ですわぁ~。

DSC02873.jpg

こんなところに花を見つけたよ^^
こういうのが、「高嶺の花」っていうのかな(笑)

運命の出会い☆
P1000596.jpg

今日パリから友達が遊びに来ました^^
そして、バレンシア唯一の世界遺産である「ラ・ロンハ」を案内しているときに何故か見たことある顔の人を発見。

「ん~~~~~誰だろ・・・・」

「あっ、片岡鶴太郎じゃん☆」

すかさず写真を撮ってもらいました。
少し話ししたのですが、スペインには取材できたと言っておりました。
日本でもありえんくらい有名人に会うのですが、まさかスペインでも会うなんて。。。。

ぼく何か持ってますね(笑)
鶴太郎さんはおしゃれでかっこよかったっす。

明日は誰に会うのかな~(爆)
打ち上げ☆
DSC02850.jpg

ファジャスが終わった次の日に和子さん亭にて
「ぼくらよくファジャス頑張ったじゃん☆えらいじゃん☆」と題した軽い打ち上げをしたのです。
写真はそのときのもの。
今日細貝さん(写真・奥)からメールがありマドリッドで首絞め強盗に遭わず無事日本に帰国したとの知らせが入りました。
ぼくと一郎さんの予定では細貝さんは日本に帰れず、入社日に仕事に行けない!と予想していたのですが(笑)
いや、でも無事に着いてよかったですよ^^v

この日もひらすら飲み明かしておりました。
ちなみに言っておきますが、アル中じゃないよ!(爆)
違和感。
DSC02851.jpg

我が家にある「トマトジャム」
匂いはトマトジュースみたいなんだけど、食べると何故か甘いんですよ。
日本でも見かけますか?
お土産で買って帰るとめずらしい物なので喜ばれるような気がします。

はて、今日のタイトルの「違和感」なんですが。
最近よく考えるのが日本に帰ってからの生活のこと。
まぁ、今後の人生のことではなくもっぱら生活面での不安がある。
それを少し列挙してみよう。

①朝or昼間からビールを飲んでいると怪しいやつに思われるかも。
②お昼の12時は時間が早すぎてご飯が食べれなくなってるので、みんなのご飯は食べにいけないんじゃないか。
③日本のよくわからないプレッシャーに耐えられるか(笑)
④バレンシアサッカーを思う存分見れない。
⑤東京の家の家賃を払えるのか?(爆)
⑥日本の携帯でメールをしっかり送れるのか?スペイン語に慣れているため、日本の携帯を使いこなせないかなと・・・。
などなど挙げたら切りがないのだけれど、どうしたものか。

こっちの生活があまりにも穏やか過ぎて、日本のせかせかした雰囲気に馴染めるまでどれくらい時間がかなるのかなぁ。

やっぱり、一番の問題はビール(笑)
今日はノエリアたちと一緒にお昼を食べたのですが、5ユーロのメニュー(定食みたいの)には2皿(主菜と副菜)にパンとデザートと飲み物が込み。
その飲み物なんですが、色々種類があるのですよ。
「水・オレンジジュース・コーラ(もちろんライトもあり)・食前酒・ビール(330mlの瓶)etc....」
もちろん昼間からぼくはビールをチョイス☆
誰もなにも言ってきません。
でも、これが日本だったら「平日の昼間からビールかよ!」となるわけです。
たまに、朝一の一口目からビールということもあるぼくに取っては非常に困難な生活が待っているのではないかなと・・・
(日本にいたときは花見の時以外朝からビールはないと思われます)

ちなみに言っておきますが、アル中ではありませんよ^^
Crem`a
19日はファジャスの最終日。
ということは、全ての人形を燃やすわけです。

もちろん参加してきましたよ。
いや~すごかった。
人もすごかったけど、あの豪快な燃やしっぷりもたまらんかったとです(笑)

ではでは、どれだけ燃えてるのか見ましょうか!
ちなみに言って置きますが「火事」ではありません。よろぴく☆
DSC02794.jpg

これが昼間の姿。何日か前にこの写真のっけたのですが、ぼくの今回一番のお気に入り人形です。
ってことで、これが燃える姿を見に行こう!ってことで行ってきました。
DSC02815.jpg

じわじわ下から燃えてくるわけです。
そして
DSC02817.jpg

☆キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆
☆ファイアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆
遠くで離れて見てたのに結構熱かった!
近くの人は少し溶けてたかもね・・・・あはは。

そして、メインは市庁舎広場の人形☆
一応こっちも昼間の姿を載せておきます。
DSC02689.jpg

じゃあ、燃えてもらいましょう!
DSC02821.jpg

こんな演出があり、いかにもメイン!って感じ。
DSC02827.jpg

周りで火がつき始めました~。
DSC02834.jpg

☆ファイアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆
DSC02844.jpg

☆アディオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーース☆

Las flores
DSC02806.jpg

17日と18日には献花式が行われてました。

花を献花して何かを作るために。。
それはこれです。
DSC02807.jpg

マリア様を花だけで飾り衣装を作るのです。

夜もライトがあたり雰囲気が変わりますよ^^v
DSC02812.jpg


すまし顔
DSC02804.jpg

親御さんも撮って!撮って!といわんばかりの自慢の娘です☆
たしかに、かわいかった。
東京の母
DSC02808.jpg

*写真は19日の夜一緒に撮ったもの。
 一郎さんと卒業旅行でスペインに遊びに来た一郎さんの大学の 後輩の細貝さん。そしてぼく。偶然にも全員 同じ大学です。


東京の母がバレンシアまで遊びに来てくれた。
母に出会ったのは一昨年のスペイン・サラマンカ。

僕自身初めての海外であり、初めてのスペイン。
大人しく大学のみんなと行けばいいものの、当時から貧乏だったぼくは一人で行くことを選択した。
サラマンカへは、ぼくの日本の大学がやっているスペイン短期語学留学としていった。
今回のバレンシア交換留学に当たって、大学内で一応選抜試験が行われることになっていた。
しかもその選抜試験の面接はスペイン語で行うというのを聞いていたので、スペイン語を話すっていうのはどんなものなのかな?っていうのを肌で感じたかったのが短期留学を決めた大きな理由。

大学の団体よりも早くサラマンカのオビエド寮に着いた。
そこのカフェテリアで初めて東京の母・野首芙美子さんに出会った。彼女も団体ではなく個人で先に着いていた。
野首さんは旦那さんの仕事関係で、昔4年以上メキシコに滞在していたことがある。
だから、スペイン語も堪能。
全然スペイン語が話せないぼくにその姿がどれだけかっこよく映ったことか・・・。
スペインで1ヶ月間の留学を終え、ぼくはそのまま欧州旅行に出た。
母は東京へ。

再び再会を果たしたのは、ぼくがバレンシアへと向かう約1ヶ月前。
以前と変わらぬパワフルな性格。
ぼくに会うために一人でアルバイト先の神楽坂まで会いに来てくれた。
そして、なにも言わずぼくに
「これ少ないけど、しっかり勉強して頑張るんだよ!」ってお餞別をくれた。
涙が出そうになった。

バレンシアに来てからこのブログを始め、最初は友達や知り合いにメールでブログのURLを送った。
野首さんは今スペイン語を勉強するためにぼくの大学のある語学センターに通っている。
そこで、このブログのページをコピーしてみんなに配ってくれているっていっていた。
このブログはそういう形で他の方にも読まれているんだって思うともっと頑張ろう!って元気がでてきた。

野首さんとはバレンシアに来てからも時々メールでやりとりをしていた。
そして2月にこんなメールが届いた。
「今年はスペインにいくつもりはなかったの。でもね、taitoさんのブログ読んでてすごくスペインに行きたくなった。だから、火祭りの時に遊びに行くからね。そして、タラゴナも行くの」
突然のこのメールに驚いた。
もちろん、火祭りの予定もそんな母のために空けていた。

3月18日。
野首さんがツアーのみんなとバレンシアに遊びに来てくれた。
最初はもちろんハグ。
そして、これまでのぼくの留学の様子を話した。
初めて会ってからもう1年半が経ったんだなぁ。
スペイン語を全く話せなかったころがずいぶん前の様に思える。

楽しい時間もあっという間。
18日19日と二日間ずっと一緒にいたけれど、まだまだ時間が足りなかった。
東京に帰ったら真っ先に会いに行こう。
そして、今回の留学で得たことをゆっくり話して聞かせたいな。

野首さんは何年か前に旦那さんを亡くされている。
それでも、こうやって元気に自分の人生を満喫。
そんな彼女がいつもぼくに言ってくれる言葉がある。

「あたしね、旦那が亡くなってから一回も寂しいなんて思ったことないの。旦那は天国に単身赴任で行ってると思ってるから。あたしはすぐにそこには行けないけど、いつかは行くことになる。だからそれまでは自分の人生楽しく生きなくちゃね。」
DSC02846.jpg


お疲れちゃんです。
今日はお疲れちゃんなので、写真だけで勘弁してください。
その分いっぱい載せますから^^v
では、一気にいきます。
DSC02767.jpg

DSC02794.jpg

DSC02797.jpg

DSC02798.jpg

DSC02799.jpg

DSC02800.jpg

DSC02727.jpg

DSC02801.jpg

DSC02803.jpg

DSC02802.jpg

コメントの返信はすこしだけ遅れます。
待っててね☆
人・人・人・・・・・・
DSC02755.jpg

毎日2時から市庁舎広場で「mascleta」と呼ばれる爆竹と花火をやるのですが、こんな感じで人がうようよしてます。

そんな中でこんなにかわいい男の子を発見☆
手に持った長細い風船で周りの大人の頭をバシバシ叩いてました(笑)
DSC02757.jpg


はて、どれくらいの火薬量かといいますと、それはそれは尋常じゃないっす。
次第に周りが見えなくなる様子を写真でお楽しみくださいまし~。

DSC02759.jpg

DSC02762.jpg

DSC02763.jpg

アディオ~ス!

Los munyecos
ファジャスには17のカテゴリーがあり、それは製作費用によって分けられてます。
大きい人形を「Falla(ファジャ)」、小さい人形を「ninot(二ノット)」といいます。
この単語は、バレンシアの「Fllas」でしか使われないのでバレンシア語(カタルーニャ語)になっております。
和子さんから色々人形の説明を聞いたのですが、覚え切れませんでした(恥)
ってことで、写真を撮ってたのを中心に紹介していきます。

ファジャスに行こうと思ったのに、ホテルが高くて泊まりたくなかった、っていうかホテルが取れなくていけなかったよ~っていう方はこの写真で我慢してくださいね。
そのかわり僕がいっぱい写真撮ってここに載せますから~!

DSC02730.jpg

製作費用3332万円
今回のFallaの中で2番目にお金がかかってます。
ちなみに一番は5000万以上。
それを最終日に燃やすんですから、スペイン人も太っ腹です(笑)
↑のテーマは「性不能」
ファラオが毎日女の人に囲まれて、自分のものが役に立たなくなってしまってるのを上手に表現してます。
DSC02731.jpg

周りに置かれてる人形はこの様に「元気」なものをもってるのです。
この人形を見に行った時にまたしてもテレビにインタビューされました。
しっかりスペイン語で答えたので、ばっちりテレビで放送されたのではないでしょうか!!
自分では確認できなかったんですが、間違いなく映ったと思います^^
なんで、ぼくばかり狙われるんだろうか・・・。
しかも、また同じ局でしたから~。

DSC02737.jpg

この説明を聞いてるときは必死に写真撮ってたので、全然聞いてなかったです(爆)
最近の人形のテーマとして、「エロティック」なものが多くなってきてるっていってました。
実際にこういった作品が多かったです。

DSC02738.jpg

そんなときに、Fallera infantilの集団に遭遇。
こんなにいっぱいいると思わず写真を撮りたくなった。

DSC02744.jpg

地球儀のは タイトル。時は真実を証明する。
時計の付いた地球儀の横にいる小さい子供は、新しく始まる200年を表し、歩き始めた子供のように不安定な政治、人類の危機に出くわせながら 歩み始めました。
地球儀の反対側にいるのはギリシャ神話の時の神様、クロノスで人間はこの世に存在する最低の動物と言っています。
まわりにあるNINOTは石器時代から始まって、現在までの時の経過を表しています。
またガリレイは地球は太陽の回りを回っていると言って、当時人々にうそつきと言われ、さらに教会から攻撃を受けましたが、時とともに彼の真実が証明されました。
DSC02754.jpg

家に帰るときに「Calle Sueca」のイルミネーションの近くにあった人形です。もう、和子さんと別れた後だったので何を表してる人形なのかわからなかったのですが、「ディズニーランド」みたいな人形でしたよ(笑)

他にもあるのですが、大きいのから小さいまで全部入れると750体くらいになるらしい・・・。
だから、街中にある目立つのだけ期間中に撮ってきます!!

毎年同じ???
DSC02750.jpg

「calle Sueca」にあるイルミネーション☆
他のイルミネーションより格段にきれい。

ファジャス期間中にだけこれは装飾される。
ファジャスにはイルミネーション賞があり、ここが毎年優勝します。
でも、飾ってるものは毎年同じなの(笑)

果たしてこの賞に意味はあるのか??
結局は、賞を貰ったほうが飾った努力が報われるというわけですね。

遠くから見ると本当にきれい!
でも、この中をくぐると・・・・
実際に体験してみてくださいね!
Fallera infantil
DSC02740.jpg

この子は今年のファジャス娘の幼児の部に選ばれた子です。
たまたま居たので撮ってきました。

大人の部に選ばれた方は23歳なので、ぼくと同い年。
大人の部に選ばれた方は「Fallera mayor」って言います。
毎日テレビにも出てるし、なかなか近くで見ることができない。
なんとか、一度は近くでみて写真に収めたいと思います。
頑張ります^^v

幼児の部に選ばれた子よりかわいい子がいたので紹介しますね。
名前はわかんない。
でも、ちゃんとこの子に許可を取って写真撮ってきました。
DSC02734.jpg

もう、かわいすぎ☆
この衣装がさらにいいですよね!

今日の練習後
DSC02722.jpg

バレンシアのカピタン。アルベルダのアップ写真☆

ほぼ終わり際に行ったので全然練習は見れなかったです。
よって、内容はないよ!ぷぷ

写真ばんばん載せますね^^
カニとアイマールのアップ写真ありです。
DSC02718.jpg

カニは一人で卍固めをしてました・・・
うそうそ。ストレッチです(笑)
最近彼は髪を切りました。
ええ。横髪だけね。
DSC02724.jpg

DSC02725.jpg


今日もアイマールとツーショット撮ったのですが、それは載せないでおきます。
恥ずかしいので・・・。
では。アイマールを堪能くださいまし。

DSC02719.jpg


DSC02720.jpg


肝心のアジャラとエスパニェータなのですが、写真撮れませんでした。
アジャラは取材を受けてまして、エスパニェータはいつも帰りが最後なのでなかなか会うのが難しい・・・。
今日の目的は達成できず・・・無念。
髪を切りました。
DSC02690.jpg

友達のアレハンドロが髪を切りました。
はい、それだけです(爆)
かっこよくなったでしょ!!

今日の新聞に載っていたこと。
スペインの親が子供につける名前の順位でてたよ!
日本でもこういうのあるよね。
では、5位まで紹介しますね。

  男の子      女の子
1.Alejandro   Lucia
2.Daniel      Maria
3.Pablo      Paula
4.David      Laura
5.Javier      Marta

なんと、友のアレハンドロは1位じゃん。
たしかに、よく聞く名前だわぁ(笑)

歩けなくなってきました・・・
DSC02689.jpg

ファジャスの人形が街のあちらこちらにあるのですが、
邪魔です・・・・ぷぷ

写真の張りぼて(ハリポタみたいだね^^)は市庁舎広場にあるやつです。
人がいるからそのでかさは伝わると思いますが、半端じゃないっす。
しかも、その周りって柵で囲うから余計に道が狭い!!

ぼくのチャリが機能しなくなってきた・・・
歩いたほうが早いんだもん(笑)

張りぼての他にも多くなってきたものがある。
それは「チュロス屋さん」
すごい店舗数ですから。
しかもすごいのが出店の9割はチュロス屋ってこと。
前に友達と飲みに行って、帰り(たしか朝方4時くらい)にチャリ乗ってたらまだ開いてましたから・・・・。
一体いつ閉まってるのかな。
誰も朝方にチュロスなんて食べないよ~~

スペイン人はそれをホットチョコレートにつけて食べるのが基本!
「valor」ってお店はスペインのチョコレート屋さんなのですが、そこのお店で出してるチュロスはおいしいのでスペインに来たときは試しに食べてみてくださいね☆

市庁舎広場をぷらぷら歩いていたら、なにやら変な音楽が鳴ってる。
なんだ?なんだ?と思い、その音楽の鳴る方へ・・・・

その正体はこれでした。
DSC02686.jpg


DSC02687.jpg

ちなみに、今日は暖かくないですから~。
まぁ、彼女たちは踊ってたので熱く(暑く)なってたんでしょうが・・・あはは。

夜中になると野外ディスコもやってるらしい・・・。
写真の彼女たちはバスの上で踊ってます(爆)
明日から大学もないし、ファジャスモード全開!
よし、いざ出陣☆

スペインの大学生
今日いつもの様に大学に行ってきたのですが、それで思ったこと。

最近みんな授業でてない!!

ファジャスが近いからかな~。ファジャスって19日に終わって、今年はその翌日からセマナサンタになる。

でも、大学は21日・22日・23日の三日間だけある。

なぜゆえに3日間だけあるのか?
しかも誰も来ないと思うんだけど・・・。

バレンシア大学ってすごい数の留学生がいるんですね。
たしか、スペイン一だったと思います。
でも、日本で提携を結んでいるのはぼくの大学だけなので、日本人の留学生っていうのが極端に少ない。
ほとんどの留学生が自分の国に帰って、セマナサンタが終わるまでスペインには帰ってこない。
だから、誰も授業にはいかないと思うのですが・・・。

今週の木曜日から大学は休みになる。
というか、勝手にもう今週すべてを休みにしてるやつもいる。
だから、授業にぜんぜん人がいない。

今日はフランス語の授業だったんだけど、授業中にも関わらず結構教室を出て行く生徒が。
コルティホ先生もやや不機嫌そうだったし。

どこの国も似たようなものなんですね。
自主休講ってやつにしてしまうわけ。

大学があると勉強したいって気にならないんだけど、休みになると何故か勉強熱が入るぼく。
普通逆ですよね。あはは。
ってことで、休み中勉強します。(意味のわからない勉強宣言)

ぼくの休み前の授業は明日で最後。
もしかしたら、授業ないのかも。
行ってなかったら一番虚しいんだよなぁ~~。

まぁ、いいや!行ってから確かめよう!!
プリン君
最近どういうわけか表示されなくて、消さなきゃ駄目になったのかなぁ~ってずっと考えてたら、今日復活しました^^
何が原因だったのか・・・

見てくれてる方も表示されてなかったですか??
それともぼくだけ???

今日は3日遅れでプリン君に祝ってもらいました。

「たいと、誕生日おめでと~。来年もいっしょにおいわいしたいね」だって~。
泣きそうです。
こんなにいい子に育ってたなんて・・・・

これからもかわいがっていきたいと思います。
というわけで、今後もぼくちゃん、プリンをよろしくお願いします!

http://blog2.fc2.com/taitoaiyama/index.php
このURLじゃないとプリン君は表示されないみたいです。
「index.php」こういうのがないと登録できないので、
↑のやつから見てみてくださいね☆

[READ MORE...]
☆バースディパーティー☆
DSC02679.jpg

「食は中国にあり」
と題された今回のパーティー。
もちろん全て和子さんの手作りでございます。
それにしても和子さんの料理はいつもうまいです!

今回の中華料理、ダニちゃんは唸りまくりでした。
「かずちゃ~~ん、今日の料理おいしい~~~~!」
ってな具合にもう、食べまくり(笑)
乾杯の一杯はチンタオビールで☆

今回のゲストは、バレンシアのマツダ工場で働いている西さんです。
もう、バレンシアにきて3年目になるとのこと。
金沢出身ということもあって、おいしい日本酒を持ってきてくれました。
その名も「天狗舞 文政六年」。
気が付いたら半分以上も一人で飲んでました・・・
それが開けたらワインにまで手が伸びて・・・・
あはは。

和子さんはこれからファジャスガイドで忙しくなるので、しばらく会えないかなぁ~~。
今回も最後に記念写真ばっちし撮ってまいりました。
ケーキまで用意してくれてニヤついてる怪しい男がぼくです^^

DSC02681.jpg


☆☆Me gusta mucho ValenciaCF ☆☆
みなさんにぼくのニュースタイルをお披露目してなかったので、ついに解禁です(ってそんなに期待してない???ぷぷ)

しかも、今日はぼくの愛するエスパニェータと謎のおじさんとの3ショットだよ~ん。
DSC02668.jpg

エスパニェータと隣のおっちゃんまじかわいいっす。
もうメロメロ(死後)よん♪

さらに、今日は40歳という歳ながらすばらしいプレーをするカルボーニとも一緒に撮ってきました。
彼は本当に鏡のような選手です。
彼なしではバレンシアは成り立たないというくらい本当にすばらしい選手。
スピードだって、まだまだ若い選手にも負けません。
しかも、なによりもDFだとしても経験がすごい。
この前のレアル戦は彼の活躍によりフィーゴは今日試合にいないの?ってくらい抑えられてましたしね^^v
IMGP3434.01.jpg



あとは、練習風景の写真を載せておきますね!
タコポンさん、アイマール出てくるからね~☆
ちなみに、今日はぼくのアジャラばかり写真撮ってましたから(爆)
では。
DSC02659.jpg

DSC02660.jpg


アップの最中です。
いつもアジャラとアイマールのアルゼンチンコンビ☆

DSC02656.jpg

カニが怪しい動きしてたので思わずパシャリ

DSC02664.jpg

バラハです!
今日の練習中に肉離れ起こしたみたいで、最低でも15日間は駄目らしい。明日のアトレチコ戦はバラハがいないの痛いですよね・・・。
プレゼント
DSC02671.jpg

昨日一足早く一郎さんからプレゼントをいただきました。

それはなんと、
「バレンシア写真集」

嬉しいっす。
選手がみんなプロのカメラマンに撮ってもらった写真。
すごくかっこいいです!
早速すべての選手のページにサインを入れてもらわないと。

今日はカルボーニ・アジャラ・シスコ・シソッコ・モレッティ・パロップ・アルベルダ・ナバーロからサインを頂いてきました。

それとは別に頂いてきたもの。
DSC02676.jpg

うちの兄貴はアイマールしかしらないので、そんな彼のためにアイマールの写真にサインをいれて送ってあげようということでもらってきました。
IMGP3439.01.jpg

アイマールは最近本当に機嫌がいいです。
どんなことがあっても金網越しにサインなんてしないのに、わざわざ来てくれてサインしてくれましたよ^-^v

右の写真はもちろん、ぼくの愛するアジャラです。
これは完全にぼく分(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。