プロフィール

taito

  • Author:taito
  • 無事帰国し日本の大学生をしてます。
    忙しい毎日ですが、ゆっくり更新していきたいと思います☆
    よろしければ遊びに来てくれた記念にコメントを残していってください。
    いつもコメントくださる方ありがとうございます。
    本当に嬉しく思います。

    【メールはこちら】
    aiyama_taito@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MAÑANA(旧バレンシア留学日記)
タイトルのMAÑANAはスペイン語で「明日」という意味です。 明日は明日の風が吹く。臨機応変に頑張りたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marcador
DSC03180.jpg

昨日バレンシアの練習場所に行ってきました。
翌日が試合ということもあって、軽めの練習。

しかもいつもは10時半から練習が始まるのだが、この日は10時から開始。
練習終わって午後1時にはバス移動らしい。

写真は少しだけ撮ってきました。
↑、ディバイオ。
お願いですから点いれてください。ぽるふぁぼ~る!

DSC03185.jpg

ストレッチではアイマールと神=カルボーニがペアでした。

練習報告以上。
えっ!?いつもより短いですか?
だって、練習も短かったんだも~ん。
スポンサーサイト
スペイン一の不良娘
DSC03171.jpg

どこかで見たことあるこのキャラクター。

日本に似たようなのがいるような・・・・。

もちろん、それは「不○家のペコちゃん」(本家本元)

はっきりいいます。

スペインやっちゃいました。パクリました。
そして、手まで加えちゃってます。
あのペコちゃんが金髪に・・・・。
ちなみにスペイン名は「Miss Palomita」

DSC03172.jpg

では、何のメーカーかといいますと
ひまわりの種やアーモンドなどを作っているところのメインキャラクターとして活躍してます。

スペイン人は彼女が日本からのものだと知らないと思われます。
今度みっちりスペイン人を説教しておきます。
これはやっちゃいかんことだな。うんうん。

ず~~~~~っと紹介したかったのですが、
なかなかこの車が停まっていなかった。
走ってるところはいつも見るんだけど、シャッターチャンスがなくて。

でも遂にやりました。
自分に乾杯です☆

*左手でごそごそ食べてるのはきっとひまわりの種(笑)

この日記の内容を一部訂正します。
詳しくは追記にて。

[READ MORE...]
Aleman
DSC03170.jpg

いきなり不細工な写真ですいません・・・・(笑)
今日はぼくの友達を紹介しますね。

写真の右に写ってるのがドイツ人のChristoph(クリストフ)です。
彼とはフランス語も他の授業も一緒。
最近すごく仲良くなり、一昨日は一緒にサッカーもしました。

そんな彼はただいま26歳。
エラスムスという欧州の留学プログラムでバレンシア大学に来てます。
かなりスペイン語もでき、フランス語も頑張って勉強してます。
他にはポルトガル語(昔に勉強してたらしい)と英語とドイツ語ができるとのこと。
日本語も興味を持ってて、いつかは挑戦してみたいなぁ~っていってます。

今日のフランス語が終わったとき、おもむろにカメラを取り出しこの一言。
「一緒に写真撮ろうぜ~」

実は僕以前から彼をこのブログで紹介しようと思ってたのだが、なかなか写真を撮る機会がなく、遂に今日実現したのです。

彼が撮った写真はどんなのかわかりませんが、僕のカメラで撮ったやつは↑の写真。
すこしぶれてますね・・・・すいません。

彼はフランス語のコルティホ先生が好きな様です。
いつもぼくに
「今日も先生綺麗だよね。」って言ってきますから~(笑)
もちろん、ぼくの答えは
「Claro!como siemple.(もちろん!いつもの様にね)」と返します。
すると彼の顔も満足気(爆)

来週の月曜また一緒にサッカーするかもです。
これで、ドイツに遊びに行けるな。いつかは・・・・。
cafe valiente
DSC03169.jpg

今日は昼間バルで勉強してました。
う~ん、バルというかカフェですね。

以前そこにいったときに、店のDuen~a(店主!?)に話しかけられたことがあるんです。
パッと見で日本人とわかったみたいで、こんなお願いをしてきました。
「私の名前を日本語で書いてくれない?」
この質問の意味するところは、「漢字」で名前を書いてくれということです。
彼女の名前は「マグダレーナ」。
はっきり言って、これを漢字にするのはかなり至難の業。
でも、強引に漢字にしてきました。
一番苦戦したのは、「グ」ですね。

「魔具太麗奈」
(もう少しかわいい「マ」でも良かったのですが、彼女の雰囲気がこんな感じでした・笑)

これで決定!

彼女も気に入ってくれたみたいです。

そんな彼女は生け花に興味を持っていた様子。
今日また行ったら店内には↑の花が飾ってありました。

帰り際に、
「生け花みたいで綺麗だね」
って声を掛けたらすごく嬉しそうな顔をしてました。

人の笑顔っていいですね。
チャリ
DSC03162.jpg

今日は初めてノエリアが自転車で大学まできました。
それは何故か。
ノエリアはバレンシアから電車で30分くらいの小さな町に住んでます。
市内まで電車できて、それからバスに乗って大学まで通っていたのですが、バス賃節約のため自転車での登校となりました。
ぼくももちろん自転車なので、帰りに電車駅まで送っておきましたよ。

今日のバレンシアは恐ろしく暑かった。
いやいや、冗談を超えてましたね。
一番おかしくなってたのは町の温度計。
では、そのいかれっぷりをご覧あれ。
DSC03168.jpg

きっとこのときは28度くらいあったような気がします。
さすがの温度計まで暑さでいかれてしまった模様(笑)

いつも公園をふらふらしているぼく。
天気がいい日は光合成をしたくなるのです。
子供たちも元気に遊んでました。
そんな光景を見てるだけでも幸せ。
DSC03166.jpg

DSC03165.jpg


はい、今週のぼくは色々忙しくなります。
勉強します。
こんな教科書と向き合ってるわけです。
DSC03167.jpg

最近はすっかりスペイン語自体になんの違和感も感じてこなくなりました。
日本にいたときは、「よし、読むぞ!」って意気込んでやってたのに、今と来たら普通に読んでます。
いや、それしか読むものがないからか・・・・(笑)

とくかく忙しくなりそうなのでみなさんのブログ遊びに行ってますが、コメント残してないです。すいません。
でも、読んでます。
みなさん、ラブです。
今日の一曲
portadapeque1.jpg

はい、2枚目のCD紹介を向かえました。

今回のお薦めCDは「RADIO MACANDÉ」です。

これは僕がスペインにきて最初に買ったアルバムです。

どうしてこのCDを買ったか。

たまたま見ていた夕方のテレビ番組にこのグループが出ていて、生演奏で歌ってました。
すごくいい曲だったので、翌日FNACへCDを買いに行ったというわけです。

お薦めとして、一曲目の「AHOLA CURO MIS HERIDAS」。

スペインのラジオでも頻繁に流れていて地味~に人気があるみたい。
今回も探したんですが、無料の視聴がなかった。
ん~ん、残念。

どうしても聞きたいという方がいればぼくがネットであげますので、ブログ上にあるメールにご連絡ください。
ただし、MSNのアドレスを持っている方に限ります。

4月27日にはバレンシアでライブをする模様。
行ってみようかな~って検討中。
あっ、今週の話じゃん。
チケット残ってるのかな(笑)

☆全員集合☆
DSC03129.jpg

今日は初めて!?24人全員が集合しました。
怪我人が多くこれまでなかなか全員が揃うということはなかったのですが、今日はいました。

パッと見た感じ。
「あれ、こんなに選手いたかな!?」って(笑)
それくらい、今日は大人数です。

練習に関しては、試合で結果が残せていないためよい雰囲気作りをかねて、選手たちも笑顔で楽しそうにできるようなのが多かった。

特に申すことはありません。
写真大量に載せま~す♪
アップ写真が多いよん。

僕のアジャラさんです(笑)ボールを蹴る時の体勢
DSC03138.jpg

ルフォです。怪我が良くなったみたいです。
明日はきっといけるはず・・・・。
DSC03143.jpg

みんなが大好き愛マールです。今日はさっさと帰ってしまいました。でも、何故か帰りに手を振ってくれた。機嫌よかったみたいです。
DSC03145.jpg

バラハです。肉離れもすっかりよくなり明日は間違いなく出てくれます!これで中盤からの攻撃にバリエーションがでますね。
DSC03146.jpg

われらが神・カルボーニさん☆
5人目の子供は待望の男の子です。名前は「マルコ」なり。
DSC03147.jpg

ルフォのアップ写真。髪の毛が・・・・・
彼はいい人。本当にいい人。大好きです。
DSC03148.jpg

パロップです。彼は本当にファンサービスがいい。車に乗っていてもファンがサインや写真を求めれば降りてきて書いてくれます。キーパーというポジションなので、出番がすくないですがキックの精度もよくいい選手です☆
DSC03149.jpg

ファビオです。この白い帽子は意外に似合ってますね。
ほんと器用に左足を使うなぁ~。いつも感心してます。
DSC03153.jpg

ぼくのアジャラさん(爆)アップにしてもこの男前。
バレンシア一の男前の座は彼に決定。いや、もはや決まっていたのである。うんうん。
DSC03155.jpg

最後のおおとりはやはりこの人。
エスパニェータ。
いつものナイキのポロシャツじゃない!
どうしたことか・・・・・。
でも、このバレンシア白シャツも相当汚いぞ・・・・。
それにしても、かわいいなぁ~エスパニェータ☆ラブ☆
DSC03151.jpg


以上。バレンシアパテルナ練習場よりお届けしました。

嘘メールにご注意を
今日僕宛に怪しいメールが一通来ました。
それは、マイクロソフトからプロモーションの一環で行われているものにぼくのメールアドレスが当選したという内容。

始めは、「おお、当たったのか!?」と一瞬信じる自分がいましたが(海外にいるのでそんなものに応募したこともあったのか!?と疑った)、英文をよくよく読んでみるといかにも怪しい。

ちなみに当たった金額は「100万ユーロ」
まぁ、一生の間に使い切れるかどうかという額ですね。

一郎さんに言った所、
「世の中にそんなにおいしい話はありません」と。

ですよね。ですよね。
そんなにおいしい話はありません。

なかなか巧妙に作られてる文なので、興味のあるかたは読んでみてください。

送られてきた方は気をつけてくださいね。
[READ MORE...]
やべ~よ~ほし~よ~
Espanyeta22abril2005b.jpg

なんとぼくの愛するエスパニェータがフランスのあるサッカーチームの用具係りから名前入りのユニホームをプレゼントされたらしいです。

そのプレゼントと伴にこんなメッセージが送られたようです。
「エスパニェータは用具係りの聖書のような人だ。親愛を込めて・アントイネ」

バレンシアCFのアイドルだけとしてではなく、世界の用具係りのアイドルでもあるエスパニェータ。
素晴らしい☆

それにしてもこのユニが欲しい。本当に欲しい。
そっか、自分の持ってるユニに「ESPAN~ETA」と入れてもらえばいいのか。
本当にそれやっちゃおっかなぁ~。
なんてアホことを真剣に考えます。

先週練習場に行ったときも彼と話してきました。
というか、彼に会うのがメインみたいになってるとこもあったりなんかして・・・(笑)

明日も練習場に行ってきます。
そして、エスパニェータとこのユニの話をしてこよっよ。

ちなみに、詳しく読みたい方はここへ
バレンシアオフィシャルHP・スペイン語版
22/04/2005 14:38の記事です!!

みんなでエスパニェータを応援しよう!^^v
地中海の恵み
DSC03098.jpg

昨日ふらふらと海へ行ってきた。
色々考えることもありまして。。。。
だから、リラックスしたくて行ってきたのだ。

家から自転車に乗ること30分。いや、そんなに掛かってないかな。
ひたすら南東へ~。
見えてきました地中海。

今年のバレンシア地中海は初日の出以来行ってなかったかもしれない。
最近はびっくりする様な天気が続いてます。
すごく熱い!いや暑い!

今日なんて街の温度計が31度を指してました。
もう夏なのかな。なんて考えたりなんかして。

公園でのんびり勉強なんかするのにはよい天気☆

DSC03100.jpg

海にはウィンドサーフィンしてる人がいた。
平日の昼間だったからか人は少なくすごく落ち着いて過ごせた。

海は広いな~大きいな~♪
なんて一人で歌ってましたよ(爆)DSC03101.jpg

綺麗な空と海があれば、心は安らぎます。

バレンシアへ来たらみんな海へ行こう!

あっ、まだまだ入れる水温じゃなかったです。

日本食レストラン
DSC03097.jpg

前々からたかひろに聞いてはいたものの、実際に確認したのは今日が初めて。

やっぱりありました。日本食屋さん。

その名も「大阪2」
スペイン語風に言いますと、「オオサカ ドス」となります。
「2」というくらいなんだから当然「1」もあるはず。
ってことはここは2号店?

疑問ばかりが残るお店だ・・・・。

さらっとメニューを見ると寿司やら牛丼やら聞き覚えのあるメニューばかり。
価格は高設定。
一度は行ってみるべきか。
う~ん。
2046
DSC03096.jpg

バレンシアには様々な映画館がある。
新作だけを次々に公開することろもあれば、準新作だけを公開するところもある。

昨日行って来たのは、ものすごく地味な映画館。
その存在すら知らないバレンシア人も多いのでは?と思うくらい地味。
この映画館はいつも必ず2本立てで映画を公開する。
最近では「キル・ビル1・2」や「華氏911とその前の作品(名前忘れた)」などなど。
今回の映画は、「2046」と「Amor idiota(愚かな愛)」という作品。
目的は2046に出ている木村拓哉を見に行こう!ってことです。
もちろん彼の声もスペイン語になってるわけですから・・・。

この映画館なんですが、ものすごく謎が多い。
昨日は一人2・5ユーロ。その前日は一人3ユーロ。
どうして値段が違うの?って思うのですが、スペインなんでなんでもありかなと勝手に納得してるわけ。
さらにびっくり体験をした。
普通の映画館って上から下に向かって席が並んでいますよね?!
後ろの人がちゃんと見えるように。
でも、ここは違った。
前の人は上り坂になってるんですよ。
しいて例えるなら、ジャットコースターの一番高ところまで上がっていくときのような状態。
ありえない勾配でした・・・・。
まぁ、面白い映画館だったのでネタには使えるかなと。

さて、映画の内容なんですが
やばいくらいつまらんものです。
スペイン語だったからなのか。いや、違う。
それなりに理解できたし。
何よりもキムタクのスペイン語バージョンに爆笑した。
今回の収穫はそれだけ。
一郎さんと二人で映画館で笑ってましたから。

後半はもう寝るしかなかった。
1時間40分くらいは粘りましたよ。
でも、残り20分がもう退屈で・・・・。

前回一郎さんと見に行った映画
「春・夏・秋・冬・そして春」っていう映画があったんですが、
それもつまらなかった。
ん~ん、スペインの映画館で見て面白かったのは
「MAR ADENTRO」だけ。
もうDVDにもなってるので、買いに行って来ようっと。


生まれ故郷
ぼくの日記で今まで何度も自分の生まれ育った町「別海町」について書いてますが、なんとその別海町が
「金曜エンターテイメント」でドキュメンタリー番組として放送されることになりました。
桜の花の咲く頃に
詳しい内容は↑のサイトでご覧下さい。

プロデューサーの横山さんは今回実際に住民票まで別海に移して住民としての視点でわが町の取材にあたられたようです。

番組のメインはぼくも通った別海高校。
卒業した年に新校舎へと移ったので一回も新たらしい校舎では授業を受けたことがありません。
ただ、少なくともぼくの生まれ育った町・その環境の雰囲気は充分感じてもらえるかと思います。

今スペインにいるので、見れないのが残念ですが、
父さんビデオ撮っておいてね。忘れないように!
(親父もこのブログを読んでいるのでこれは伝言です・爆)

HPの風景を見てるだけで涙が出ました。
やはり自分の一番好きな町なんだなって。

今回数ある小さな町から別海町を選んでくださった横山さんには心からお礼をいいたいです。
何もない町ですが、いい場所です。

放送楽しみに見てください。
あ~素敵じゃないか何もしない
20050418071751.jpg

写真は一昨年1ヶ月いたサラマンカのもの。

僕の好きな歌にこんな歌詞がある。
「あ~素敵じゃないか 何もしない
 朝なんて とてもいい気分さ」

今日はこんな感じ。

とにかく朝から天気が良かった。
半ズボンで家の周りをふらふら。

もうすぐ結婚式を挙げる友達に電話して
式場の住所を教えてもらおうと思ったら全然繋がらない・・・。
祝電送ろうと思ってるのに、これじゃ送れないじゃん。

夕方5時からはバレンシアの試合をカルロスバルで観戦。
大久保のいるマジョルカに引き分け。
降格がほぼ決定しているマジョルカに引き分け。
バレンシアのサッカーじゃないです。
全然ダメ。
チャンピオンズリーグ(今後はCLに略)圏内とかのレベルじゃなくなってます。
来週のホーム・アルバセテ戦はしっかり勝ってもらわないと。

そんなわけで、何もしなくてもいいじゃないという感じの一日でした。

あっ、勉強はしますので心配いりません(笑)

久しぶりの練習場
DSC03090.jpg

仕事上がりのエスパニェータ。
15年間来ているというシャツ。
洗わない!と公言してる通り汚れがすさまじいです。
このシャツをきてたくさんのタイトルを獲ってきたといっております。
ここでも、男は背中で語るわけですね。
少し丸いのは愛嬌です(笑)

はいはい、
今日は3週間ぶりくらいにパテルナまで行ってまいりました。
土日はバスがないので、地下鉄の駅を降りてからいつもチャリで練習場まで行っております。
自転車であそこまで行くのは、ぼくと一郎さんくらいなものですよ。
はっきりいって遠いいですから。
その途中、自転車に違和感を感じた。

「やべぇ~、パンクかも」

そう思った1分後。

死亡・・・・・。

パンクしたまま気合で練習場まで。
その時点ですでにお疲れちゃんなわけです。

でも、練習はしっかり見てきましたよ。
ってことで、写真オンリーです。
DSC03076.jpg

DSC03077.jpg

DSC03085.jpg

練習の1シーン。
ご存知のように、アイマールとミスタでございます。

わがアイドルでもあるアジャラさんの写真。
しかと撮ってきましたよ。
今日はおしゃれさん。
DSC03087.jpg


いつもなら考えられないくらいのご機嫌な彼。
そう、特攻隊長=隊長のアングロさん。DSC03089.jpg


練習場にも華があっていいじゃない!
この子はぼくのこと気に入ってくれたみたいです。
ものすごく見つめられてました。
この大人びた顔なのに若干6歳。
近くにいたこの子のおじいちゃんはぼくにこういいます。

「うちの孫かわいいだろ~。すげ~かわいいだろ~」

はい、間違いないです。
この女の子は最後までぼくに笑顔でした。DSC03092.jpg


出動!!!
DSC03068.jpg

この前偶然火事の現場に遭遇したのです。

「ウーウーウーウー」とよくわからない音が後ろから聞こえたなって思ったら、それは消防車でした。

燃えていたのは家具屋さん。
いい感じに燃えそうですよね(笑)

警察がガンガンお店の窓ガラスを割って中に進入しようとしてるのを見ました。

時間は4時すぎくらいだったので、シエスタでお店は閉まっていた模様。
DSC03069.jpg

ぼくの予想では火事の原因はタバコの消し忘れ。
きっとこれですね。

海外の緊急車って必ず文字が逆になって書かれてますよ。
その車両の前にいる車のミラーからちゃんと読み取れるように。
「ボンバー」みたいな感じで書いてるのが、スペイン語で「消防車」という意味です。


Hotel
DSC03075.jpg

大学からの帰り、いつもとは違う通りから帰った。
そのときに見つけたホテルです。

とにかくかわいかったので、写真に撮ってしまった。
バレンシアって基本的にホテルが安いので、もしお越しの際はここも検討してみてください。

実物はもっとかわいい建物ですので☆
チャット機能
FC2さんで新しい機能が出来たみたいです。
ぼくとは時差でなかなか時間が合わないかもしれませんが、
遊びに来てくださるみなさんで声を掛け合ってみてください。
というか、あまり役に立たないかもしれないですが・・・。

なんとなく置いてみました。

画面の左下にありま~す。

若干反応が遅いような気がする。

以上報告でした。
フランス語
DSC02989.jpg

ロバよ、君は今何を思う?

はい、今日はいつものように大学がありました。
普段なら、10時「Lengua espan~ola」・11時「Frances」・1時「Norma y uso correcto del espan~ol」という時間割なのですが、その間の12時に急遽一コマ入った。
それは「Conversacion de Frances」とでもいうのでしょうか。
簡単にいえば、「フランス語会話」の授業。

文法の授業が終わった後、クリストフというドイツ人の友達がぼくにボソッと一言いった。
「この後にフランス語会話の授業ってやってるんだけど出ない?」
最初は「出ない!」っていたのですが、1時間空いていたのでだまって過ごすくらいなら出よう!ってことで行きました。

そして死にました。
授業はいたって少人数。
ぼくとその友達。そして文法が一緒のおじいちゃんとおばちゃんの四人。
このおじいちゃんがなかなかいい味だしてて、いつもぼくに会うと、
「たいと元気?」と日本語で言ってきます。

誰が日本語教えたんでしょうね?!
はい、ぼくです。
これしか言えないのですが、ぼくとのコミュニケーションはバッチリ☆
友情に年の差は関係ないで!ということです。
今度日本のガイドブックを持ってくるから、説明してくれ!と言われました。
どんなの持ってくるんだろ。楽しみだなぁ。
いつか、おじいちゃんの写真撮って来てここでアップしますね。

はい、どうして死んだか書くの忘れてました・笑
ん~ん、ただぼくの単語力がないだけです。
会話になりません。出来ません。
よって家に帰ってからフランス語やってます。
次はもっと会話してやるぜ。ってことで頑張ってます。

晴天
DSC03045.jpg

最近すごく天気がいい。
今日も快晴だった。
うん、気持ちがいいぞ!

昼ごろ大学から帰る途中に温度計がある。
それをみると「26℃」って出てます。
暖かいを超えてやや暑いくらい。

ところが。
スペイン人って結構寒がりなんですよ。
26℃なのにコート着てる人もいたりする(冬用)
逆にアメリカ人の場合。
100%半袖&半ズボン・キャミなど。
何でもありです。脱げる限り脱ぐ。

大学でおもしろい場所が一箇所ある。
それは、一階(日本の2階)。
ここはアメリカ人の学生が主に授業を受けている場所。
ちなみにたかひろもここにいます。
その階にいくと一気に雰囲気が変わる。
みんな英語話してるし、全員半袖(たかひろ以外・笑)

一つ上の階にいくと(ぼくの受けている階)、
マフラー巻いてるやつもいれば、ファー付きコート、ブーツ履いてる人も。

この一つの階だけで、気温差が10度以上あると思われます(爆)
ちなみに、ぼくはどっちかというとスペイン人よりの服装です。

明日も天気がいいといいなぁ~。

桜便り
2005_04090282.jpg

今日友達から桜の写真が届きました☆
実に美しい。
でも、この桜も雨と風でほとんどがもう散ってしまったとか。

短い命でもひと時の輝きがあれば人を惹きつける。

スペイン語で桜は「セレッソ」といいます。
Domaniさんが指摘してくれたように、もしかしたら前日の載せた花は八重桜かもしれません。
そんな気がしてきた。
また、明日見てみよう。

桜の季節に誰かは旅にでる。
それから先は・・・・
読書の春
DSC03055.jpg

朝起きてまずはいつものようにパンをほおばる。
そして、一郎さんと隔週交代でやっている掃除をささっと終える。
終わったら、ひたすら読書へ。。。。

ついにダヴィンチコードも下巻に突入し、面白くなってきました。
そう、この週末はひらすら本を読んでました。
「あんた勉強は?」
はい、嬉しい突っ込みですね。
でも、やってません(笑)
たまには、日本語をがんがん読んで刺激を与えなければ~(言い訳ともいう)

もしかしたら明日には本読み終わるかもしれないなぁ~。
母国語の恐ろしさを痛感してるこの頃。
少しもスペイン人に近づいてないことを再確認。
だっておいら日本人やし。

5時からはバレンシア対マラガの試合を観戦。
結果は引き分けです。
カニサレスの責任です。間違いない!
っていってもどの選手も良くなかったですが・・・。
ぼくのアジャラは唯一合格点だと思われます。

そして、7時から11時までサッカーを2試合テレビ観戦。
レアル対バルサのクラシコをやってましたよ。
内容はそこそこ面白かった。
日本も生中継だったのかな???

もう一試合はデポルティーボ対ヴィジャレアル
ん~ん、ヴィジャレアルの選手いまいち本調子じゃないみたい。
過密日程だから疲れてるんだと思います。
今度時間あるときそっちの練習場にも足を運んでみたいなって思っております。

これからまた本の続きを読みます。
では、おやすみなさい。
流行の本
日本でも話題になってますよね、ダヴィンチ・コード。
ぼく今日から読んでます。
はい、日本語版です。

昨日ノエリアの通う語学学校(日本語を勉強するための)に行って来ました。
ノエリアが学校の先生とぼくを会わせたかったようです。
そこの学校に置いてあったダヴィンチ・コードを借りてきたのです。

スペインでも売ってるんですが、スペイン語。
当たり前か~。
日本語でも十分漢字が難しいですよ(笑)

上下巻両方借りてきたのですが、もう上巻が終わりです。
明日は下巻に入ると思われます。

久しぶりに読書をしてます。
バレンシアで買える日本語の本は漫画くらいですから、活字の本が新鮮で面白い。

夜はバレンシア対マラガ戦がホームであります。
もちろん行ってきます。

今日からスペインはものすごい冷え込みを見せてます。
日中も10度を下回ってたような気がします。
明日暖かいといいなぁ~。
試合は3階席だから、寒いし~。

さぁ、今日はしまってしまった毛布を出して少し暖かくして寝よう。
みなさん、おやすみなさい。

モロッコ日記更新しました~。
4月1日と2日の二日分です。
時間ある方は読んでみてくださいね^^v

更新
モロッコの旅4日目更新しました~☆
3月31日の日付で書いてあるので、よかったら読んでくださいね。
今回は写真盛りだくさんです。

献血
DSC03052.jpg

今日大学のある学部で献血をやっていた。
声を掛けれたが、断ってしまった。
というのも、日本にいたなら間違いなくやっていた。

日本の大学にいるときは、定期的に大学へバスがやってくる。
だからそれに参加していた。
大学が無い日だって献血のために行ったくらい(笑)
採決してくれるおばちゃんがこんなことをいう。
「みんな聞いてよ!この子は今日授業ないのに、わざわざ献血に来てくれたんだよ。」だって。
僕的にはそこまで大げさなことじゃなかったのだが、やはりみんな献血しないからかな。
よほど、珍しく映ったのかも。

今回スペインに来る前は、日本で一番大きい献血センターが新宿にあり、そこに行って献血してきた。
よくわかんないけど、結構献血が好きなのです。

どうして今日この話を書いたかというと、
最後に日本で献血したとき、そこの壁に貼ってあった注意書きを思い出したから。
たしか何カ国か国が書いてあって、そこの国に半年か1年以上いた人はもう日本で献血できません。って内容。
あぁ~留学するともう献血できなくなるのかぁ~って。

今日何気なくやってた献血だったんだけど、海外でやってる献血に参加しても問題ないんですかね?
もしそういう経験ある方がいたら、なにかコメント残してくれると嬉しいなっ。

今日は至って真面目?な話でした(あはは~)
ポスト
DSC03056.jpg

もうすっかり見慣れてしまったのだが、
スペインの郵便局のカラーっていうのは黄色です。

日本は赤ですよね。
もうしばらく見てなくて、どんな形してたのかすら思い出せないなぁ。

ちなみにスペイン語で郵便局のことを「Correos(コレオス)」といいます。
スペイン語といえばやっぱし巻き舌でしょーという方。
この発音にはその巻き舌が使われます。
スペイン語のRはすべて巻き舌にするのではなく
単語の最初にRがくるとき(例・Radio)と、単語の途中にrr(例・correos)と来るときだけ巻き舌で発音します。
なんでもかんでも巻き舌じゃないですからね^^

日本人には結構難しい発音のようで、できない方がいますがそれでもなんとか通じるので大丈夫です☆
スペイン旅行の際は少しでもスペイン語を話すほうが旅行も楽しくなると思いますので、思い切って発音してみてくださいね!

*モロッコの日記更新しました~。読んでくださいね!
久しぶりの大学
モロッコの記事はその日の日付でどんどん増えていきますので、時間のある方は読んでくださいね^^v

今日はひさしぶりに大学があった。
モロッコからの疲れがあったのかな、朝は結構ゆっくり寝てしまった。
たしか9時半起床。
起きたら一郎さんはすでに外出していた。
一郎さんは最近バレンシア州にある「Villareal(ヴィジャレアル)」というチームについての取材を頼まれ、バレンシアから電車で1時間のとこまで取材に。
最近はvillarealでもすっかり有名人^^
先日ぼくが映った「canal 9」 という番組に出たと思ったら、地元スポーツ新聞にも特集されていた。
それはもちろんバレンシアについて勉強してるっていうことで。
今回もまたまたやってくれました。
villarealにある地元新聞「Mediterranea」にも単独でばしっと掲載され、さらに地元ラジオにも電話出演☆
昨日はvillarealに行ったら、地元の子供に一緒に写真を撮ってくれと頼まれたそうな(笑)
こりゃすごいことだ!

はて、ぼくの大学ですが以外にみんなしっかり大学に来てました。火曜日と木曜日の授業はいつも一人で受ける授業なので誰とも会話することなく終了。
帰ろうとしたとき、偶然ジャミラに会いました。
「taito久しぶりだね~休みの間はどこかいったの?」
っていわれ
「昨日モロッコから帰ってきたよ~」っていったら意外な返答が帰ってきた。
「あたしの父さんはモロッコ人なんだよ!」って。
実際にモロッコ人に触れてきて、いい人を悪い人をみてきた。
それはどこの国にいてもそうかもしれないけど、モロッコにおいては、圧倒的に後者の方が多い。
きっと、ジャミラの父さんは前者の方だな!と思う。
そうじゃなきゃこんないいやつは生まれてこない。

う~ん、もっといろんな人と触れ合ってしっかり確かめないといけないなって思った今日この頃です。
偏見や少しの触れ合いで人を決め付けちゃいけないよね。うんうん。
無事生還
バレンシア時間朝5時に無事戻ってまいりました。
心配してくださったみなさんすいません。

今回は胡散臭い国「モロッコ(Marruecos)」に行ってまいりました。
これからじっくり更新していきたいと思います。
旅7日目(アルへシラス)
旅最終日です。
というか、完全に消化試合。
もうやることがなくなったのです。

この日は日曜日。
再三書いてるようにスペインの日曜日はスーパーすらやってません。
まして、ただの港町であるアルへシラスでなにをしろというのでしょうか。

前日バス会社の兄ちゃんに
「明日の朝10時からバスがあるから。それよりも早いのはないから」という忠告をいただいてたので、朝10時指示されたバス停まで行った。
すると、ありえないことが起こった。
受付のおばさんに聞いてみた。
「あの~、バレンシアまでのバスチケットを買いたいんですが」
おばさん。
「ここじゃバレンシア行きのチケットは買えないよ。バレンシア行きはALSA(バス会社)しか扱ってないから。しかも最初のバスは10時だよ」

一瞬言ってる意味がわからなかった。
だって、昨日聞いたバス会社の兄ちゃんはALSAの人ですから。
ちなみに、彼はモロッコ人。
ここでぼくとたかひろのモコッロ人不信は最高潮に達した。
二人で声を揃えていったこと。
「ありえねーーーーーーーーーーー」

ぼくらのスペイン語がうまく通じてなかったのか。
いや、そんなわけはない。
さすがに、スペインに来てバスの一本も乗れないほど語学力が上達してないわけがない。
とにかくありえなかった。

急いでALSAに向かい、昨日いた兄ちゃんに文句をいいにいった。
すると彼はなめきった顔でこういった。
「あそこのバス停からはセビージャ行きのバスしかでないよ」

はい?
意味がわかりませんが・・・・・。

しかも、10時出発のバレンシア行きのバスは既に売りいれていた。
次は午後の4時。
しょうがいないので、すぐにそのチケットを購入。
いらいらを超えて、あきれた。
もう言葉も出なかった。

むかついていたぼくらは何故か市内観光へ。
とにかく時間を潰すしかなかった。

そこで見つけた面白写真。
DSC03047.jpg

DSC03046.jpg

水出るところがカエルになってるの。
かわいいよね。
発見はこれだけ。いや、これで十分。

DSC03051.jpg

なんとか4時まで時間を潰し、↑のバスでバレンシアへ。
結局全然寝れずに翌日朝5時バレンシアに帰ってきました。
はぁ、疲れたわん。
旅6日目(タンジェ~セウタ~アルへシラス)
モロッコ脱出の日6日目でござんす。
モロッコには一ヶ所だけスペイン領があります。
昔はモロッコのサハラあたりをスペインが占領していたのですが、今も残っているのはここセウタだけ。

セウタはアルへシラスからフェリーも出ています。
アフリカ大陸には行きたいけど、モロッコなんて嫌!という方にはうってつけの場所でございます。
DSC03032.jpg

ここから先がスペイン領

DSC03033.jpg

こっちがモロッコ領となります。

実はこの場所撮影禁止だったみたいです。
国境付近ということもあって。
知らないで撮ってたら警察のおっちゃんがぼくらに笛を吹いてました。
カメラを取り上げるなどという乱暴なことは何もせず、ただ笛を吹くだけ。
きっとスペイン領だからこんなに警備も緩いんだなと勝手に解釈しております。
DSC03035.jpg

DSC03036.jpg

セウタ滞在時間はほんの1時間半ほど。
はっきり言って全然街をみてないです。
ちらっと寄ったというのが正しい表現かもしれません。
でも、そのわりには来るのに結構苦労したんですが・・・。
タンジェからバスに乗ること2時間強。よくわからない街に下ろされ、そこからタクシーに乗り国境近くまで。(この近くっていうのが重要)
決してタクシーでは国境を越えてくれません。
越えれないといったほうが正しい表現なのかもしれないですが。

DSC03038.jpg

ぼくの日記でも再三登場しているメーカー「ZARA」でございます。
なぜか、ちょーでっかいZARAビルがセウタに。
こんなのバレンシアやバルセロナにもないよ~。

DSC03039.jpg

セウタ一番の驚き☆
マックの建物がイスラムチックになってる~。
さすが、アフリカ大陸にあるマックだ。
スペイン領とはいえ、この建物。立派です☆

DSC03040.jpg

スペインとモロッコは通常一時間の時差があります。
今スペインはサマータイムになっているため、一時間早くなりました。だから日本との時差は8時間から7時間に縮まったわけです。
モロッコも6月くらいからサマータイムになることがあるらしい・・・。
でも、毎年なるわけではなく実施される年とされない年があるとか。
ぼくらが行ったときはまだ実施されてなくて、スペインとの時差が2時間になってました。
↑に載せた国境付近の写真がありましたよね????
あの門をくぐるといきなり2時間時間が進むんですよ。
だから、夕方5時にモロッコからセウタに行くと入った瞬間夜の7時になる。
さすがに、あの数秒で時間が2時間も進むなんて思ってないからかなり焦りました(笑)
間違って一回セウタから出てしまったため、すぐに入りなおそうとしたところ、一日に2回も入国するのは怪しいと疑われてしまい。色々尋問されられました。
というのも、アルへシラスからタンジェまでのフェリー往復チケットを買ってしまっていて、セウタからタンジェのフェリー乗り場に戻る手間隙よりもセウタからアルへシラスに行くほうが楽であるということをセウタ出てから気づいたんですよ(恥)

タンジェからアルへシラスのフェリーは2時間半
セウタからアルへシラスのフェリーは45分

はい、最初から下の選択肢を選べばよかったんです。
チケットを往復で買ってしまったため払い戻しができなくなり、
お金を無駄にしたくなかったというのが最大の理由。
まぁ、セウタからタンジェまで戻るお金と時間を考えたら断然セウタから帰ったほうが良かった。
よって、色々疑われたわけです。

無事船に乗り、スペインのアルへシラスに着いたはいいものの、
乗るはずだったバスが満席で乗れない。
よって無駄にもう一泊することに。
宿はもちろん、旅の初日に泊まったホテル・ゴンサレス。
初日にホテルに忘れていった携帯も手元に戻り一安心。
言葉が通じる感動を胸に床につきました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。